2015年08月29日

うどんでダウン、、and 富士山を、閉める 吉田の火祭り

8月26日、富士吉田で、登山口を閉めるお祭りでもある、吉田の火祭りを初めて見てきたのですが、そのお祭りの素晴らしさを語る前に事件発生。。。!

富士吉田は、吉田のうどん、といって、うどんが有名です。もともと麺類大好きな僕は、

低血糖症のための治療やサプリメント摂取、食事療法がんばってきたのだし、少しくらい、、、

ということで、うどん、いただきました。

かつおだしが聞いていて、硬めの歯ごたえがいい!
馬肉のトッピングも最高!
ほんと美味しかった!!

5879699F-0B18-40A9-BFB6-078CDB5EA101.jpg

それでも、普通盛りにして、麺は少し残しました。


しかし、うどんにやられました。。。

このあと、久しぶりの倦怠感、眠気、だるさに襲われます。やっぱり僕は糖質を無条件に取るとだめなんですね。

きっと、僕以外にもたくさんいるんだろうな、、気づいてないだけで。僕は昔も、糖質を取った後はこうだったんでしょうけど、

糖質制限をはじめて、良い状態がどんなものなのか、わかったので、

糖質をがっつりとると、倦怠感やだるさに襲われる感覚が、その頃はわかってなかったんでしょうね。比較のしようがなかったので。


これがメンタル状態の悪化にまでつながっているなんて、当時は考えもしなかったわけです。。。



とはいえ、もう食事療法とサプリメントをはじめてだいぶたつので、
毎回、こうなってしまうわけではないんですよ。

ラーメン一杯を普通に食べても全然問題ないこともあります。ホテルのデザートビュッフェでスイーツをお腹いっぱい食べることもできるようになりました。(ただし、普段の食事とサプリメントでの身体作り、食べる前の適切な準備と、食べた後の運動は必須です)


今回は、空腹だったにも関わらず、油断して、目の前のうどんをいきなり食べてしまったこと、移動で疲れていたこと、などが重なったのが原因だと思われます。


あわてて、アミノ酸とプロテインを飲み、歩いて糖質を燃焼させました。

最近は、こうなっても、以前のように低血糖により
メンタルがガクン落ちることはないですし、回復も早かったのが救い。

今回も1時間くらいで復活しました。食事療法やサプリメントをはじめる前は、これをきっかけに1週間以上の不調に襲われたりしていました。そう思うと本当に元気になりました。


とはいえ、油断はできないなぁ、とほほ、とおもったわけです。こればかりは自分の体質、特徴みたいなものなので、

せめて、うどんの前に、鞄にしのばせたアミノ酸を前もって飲んでおくべきでした。最近問題がなかったので、完全に油断してました。

低血糖症の人が糖質をどうしても食べたい時は、

●普段から食事とサプリメントで体質改善を行う。
●事前にアミノ酸などをとって空腹をさける。
●食べたらすぐに動く(歩いたり、運動する)
●ビタミンB群を摂取する(糖質の代謝を促します)


の4点に注意してください。

適切な対処ができないまま繰り返されると、血糖の乱れにより、うつやパニック、無気力などの
メンタルの問題へとつながります。

みなさんも、ご注意を!
低血糖症におけるメンタルの問題はこちらのサイトをご覧ください。
http://supplement.reiki-de-kirei.com/



■さて、では吉田の火祭りご紹介!

夜八時に参道に向かうと、松明が燃える燃える!
21E579E8-75B7-42DE-81A6-D6F2441C21AC.jpg


1km以上の参道が、ず〜〜〜〜とこの状態。
火の粉がまい、いつ火事になってもおかしくないくらいの迫力です。
実際、横をとおるときは、ちょっと怖くなるくない熱く、火の力を間近に感じました。
02D26E36-98C1-46EE-A79C-4EF983729670.jpg



浅間神社は、暗がりの参道に赤々と燃え上がる松明に彩られ、本当に幻想的。
次元をトリップしたような不思議な感覚に。
僕が生まれる前の100年も、死んだ後の100年も、ずっと変わらないんだろうな。
C9D7FE4F-7275-4293-8219-243317A08A90.jpg


コミュニティセンターでは、明日かつがれる赤富士の御神輿
A5FA848F-CAA7-4380-867E-72E7EE37C040.jpg


奉納の舞、感動しました。
03B8037A-EF3C-41AF-ADD3-406A5BBF0690.jpg


動画はこちらへ
https://instagram.com/p/63sQ2lrf71/?taken-by=shota_hashimoto


富士山信仰、という目的、大きなテーマがある夏祭りに参加するのってはじめてかもしれない。人の祈り、エネルギー、歴史、いろんなものが交差した神秘的な夜でした。
C77C4C20-5A66-455D-AA52-2CE1FBAC36B1.png

posted by 橋本翔太 at 14:29 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

季節は過ぎて、やがて手遅れになる。

■季節は過ぎて、やがて手遅れになる。 ヒーリングピアノ講座を迷っている方へ



先日、久しぶりに、ダンスのジャンルのひとつである、ハウスのレッスンを受けてきました。
一時期、かなりダンスにはまっていて、毎週レッスンを受けていたんです。

楽しくて楽しくて。



それで先日、もう8年ぶりくらいに、同じ先生のところを尋ねていって、
あの当時と何もかも変わりなく、ハウスを踊ったわけですが、



あれ。
なんだかあんまり楽しくない。


いや、楽しいんですけど、あのときのような、心から湧き上がる高揚感がやってこない。

ちょうど、子供の頃、その日思いついた遊びがすごく面白くて、暗くなるまで遊んで、すごい楽しくて、
明日も同じ遊びをしようと心に誓い、いざ次の日になって再開してみると、

もう前日の高揚感は二度とやってこなかった、あんな気持ち。






■時が流れてしまったんだと、思いました。

大好きだった歌手でさえ、
そこまで大騒ぎするほど好きなわけではなくなってしまった。

というように変化する日が、大人になるとやってきます。



仮に、今、興味をもっていて、やりたい!と思っていることでも、
いつかやろうと思って先延ばししているうちに、もうそのことへの興味が薄れてしまう日が来るんです。



■これが、年をとる、ということなんだとわかりました。

今ある情熱は、好きなことは、この先も続くだろうと思いがちですが、
好きなことでさえ、興味があることでさえ、やがて年齢とともに、その情熱も過ぎ去っていくのです。


情熱があるうちに、はじめたこと、そして続けてきたことは、年齢を重ねてもきっと残るでしょう。
でも、

鉄をたたく時期、鉄が熱い時期を逃すと、もう、やりたい、という気持ちすら流れてしまい、
一生、そのチャンスが戻ってくることはないのだと実感しました。




■本を出版して、仕事がすごく充実してきて、そこに引越しも加わったため、
ハウスのレッスンを8年も通わなくなってしまった。

その間も、機会があるごとに、やりたいな、再開したいな、と思いつつ、
いつかそのうち、といって、再開しなかった。

そうこうするうちに、時は流れてしまったようです。
あのまま続けていれば、きっと今も楽しめたはずなのに。


特にダンスのような身体系の技術は、加齢とともに、限界が近づくため、
8年前よりも、習得が難しくなっているのは当然です。
習得が難しければ、やる気が落ちていくのも当たり前ですよね。


なにより、一番かなしいのは、ダンスへの情熱が、過ぎ去ってしまったことに気づいたこと。
情熱さえあれば、それでも続けることができるでしょうけれど、

もう、その情熱がなくなった今、また毎週ダンスのレッスンへと通う気持ちが、
わいてこなくなっていることに気づきました。



+++++++


今、ピアノの講座を受講するか迷っている方に問いたいのですが、
いつかやろう、と思っているうちに、もうその時期すら消えて、
二度とピアノをやろうなんて思わなくなる日が来ます。

情熱って時の流れととともに、失われていくんです。


いつかそのうち、なんて、繰り返して、年をとります。
そして、いつかそのうち、がやってきても、僕のように、もう、あのときの情熱は過ぎ去っていたときづくんです。


結局ね、いつかそのうち、やろう、なんて思っている人に、
そのいつかそのうちはやってこないんです。





ピアノだって、若い方が、指の動きや、作曲技法の覚えがいいのは当たり前。
そして、今が人生で一番若い。



僕が当時ダンスをはじめたときは、それでも10代からはじめている子よりはずっと遅く、
いまさなら〜と思いながらも、情熱があったので、それなりに上達しました。

そして、今、あの頃を思い出すと、当時の僕は、若かった。当たり前ですけどね。
あのときは、もうこんな年ではじめても、と思ったけれど、

あのときはじめてよかったんです。
だって、今よりもずっと若いんだもの。



■ピアノもね、はじめるのを先延ばしにするほど、チャンスも情熱も逃げていきます。
一生の付き合いになるかもしれないタイミングを逃してしまうと、
あとは一生関わらないまま終わるんです。



加えて、このヒーリングピアノの講座ですが、
完全マンツーマン指導なので、当方で指導できる受講生さんに限界があり、

この先いつでも受講できることは保証できない状況です。
実際今も、ありがたいことに、いつも定員ぎりぎりのところで、レッスンをしています。

定員状況によっては、受講をお断りせざるをおえないこともでてくると思います。
(★すでに受講中・受講済の方のサポートは続けていきますので安心してください。新規受講の場合の話です)









■いつかきっとそのうち、というのは、この先も興味関心がある、というのが前提です。
しかし、加齢とともに、人はエネルギーを失っていきます。

新しいことをはじめるエネルギーは、今日が一番あるはずなんです。


僕のダンスの例のように、みなさんにも後悔してほしくないので、
今日はこんな文書を書きました。

いやほんと、愕然としたんです。いつかそのうち、がついにやってきたのに、
肝心の身体がついてこない、心がついてこないのですから。


ヒーリングピアノ講座、迷っている人は、申し込んでください。
あとあと後悔しないように、
それだけ、心に留めておいていただけたらと思います。


http://piano.reiki-de-kirei.com/


posted by 橋本翔太 at 16:26 | ★ 【エッセイ】飛躍へのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

最後のわがまま (歌の映像です)




最後のわがまま
橋本翔太 作詞・曲

君が望んでる未来に 
僕がいなくたって いいんだよ
でも、もっときっと ずっと
ねぇ、もっときっと ずっと
必ず幸せになって
僕の最後のわがまま


風が乾きはじめましたね
君はお気に入りの赤い
ニットのジップを上げて
どこへ行くの?

目覚めて気づく 空いたスペース
駅への道
キッチンの棚
仕掛けられたトリガー
君がいない現実

見上げれば 高すぎる青空
ひつじ雲の群れが ないた
僕ひとりに 世界はただ
広すぎて ウソみたいで

君が望んでいる未来に
僕がいなくたって いいんだよ
でも、もっときっと ずっと
ねぇ、もっときっと ずっと
必ず幸せになって
僕の最後のわがまま


ちょっとマイナーな映画
君が大好きな物語
僕もすっかりファンになって
何度も見たよね

早いもので第二作が
来月には はじまるそうです
君の隣のシートには
誰がいるんでしょう

予想外の結末だったけど
気づけなかった 僕の弱さ
伏線が張られてたんだね
繰り返し あちこちに

君という映画の第二作
僕の配役はなかったけれど
エンドロールだけでいい
君という物語の
一場面に登場できたもの 
満足しなきゃな

僕が描いてた未来で
君は まだ笑いかけてくるから
正直つらいよ、ねぇ
けれども、やらなくちゃね

「今、ここ」から書き直すよ
新しい明日を

君が望んでる未来に 
僕がいなくたっていいんだよ
でも、もっときっと ずっと
ねぇ、もっときっと ずっと
必ず幸せになって
僕の最後のわがまま





posted by 橋本翔太 at 09:37 | ★ 【動画】で【メンタル】と【音楽】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分の写真や素材をプロモーションビデオに活かす


ヒーリングピアノの講座では、
自分で作曲した曲をレコーディング、映像にして配信する講義もあります。

たとえば、このようなイメージシーンと、作曲した曲を重ねて世界発信します。
写真のセレクトは、ご自身で撮影したものを使うことも可能です。

映像に使う写真までも、ご自身で創作していただくことで、
より、作品としての個性、精度がたかまります。

 


iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/zen-piano/id642618559?ign-mpt=uo%3D4


日本国際ヒーリングピアノ協会
http://piano.reiki-de-kirei.com/

+++++++++++++++
上記作品は、ゼンピアノモンクスによるものです。

ゼンピアノモンクスとは?
日本国際ヒーリングピアノ協会 講師によるユニット(oyakata/橋本翔太)です。

世界初、禅の世界とピアノが織りなす新しいヒーリングピアノ
日本の文化の中で育まれた「禅」の、思想、価値観、世界観とピアノが融合して生まれた-ゼンピアノ

日本の文化が培ってきた、シンプルでおだやかな空気感、
調和の中で凛と生きていくこと、和と優しさの精神、
これが音に紡がれている。

日本国際ヒーリングピアノ協会・日本人男性ピアニスト2名(橋本翔太・oyakata)によるユニットZen Piano Monksが奏でる「禅」の世界観とピアノが融合したゼンピアノは世界中の禅愛好者、ヨガやメディテーショントレーナー、ヒーラー、呼吸やリラックスを研究している様々な立ち位置のファンから、注目を集めている。

日本語サイト
http://zen-piano.com/jp/index.html


*******

It is Zen Piano Monks' original brand of piano music incorporating the ideas, style and world view of Zen,
a philosophy that is ingrained in them as Japanese.


Through the medium of the piano, they express harmony, atmosphere, spirit, the balance of mind, body
and soul - all deep-rooted in Japanese culture through its long history.

The evocative sounds of the piano will lead you into the world of Zen
posted by 橋本翔太 at 09:29 | ★ 【動画】で【メンタル】と【音楽】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

ビタミンD不足で、くる病再来 メンタルも左右するVDの効果

VD 5,790円⇒2999円! 秋冬の準備を!



●ビタミンD不足で、くる病再来 秋冬のメンタルも左右するVDの効果


yahooニュースでも取り上げられていましたが、いま、子供のくる病が、
ここにきて増えています。(戦後ほぼ消えたといわれていました)


くる病とは、簡単に言うと、ビタミンD不足による、骨の発育不良です。
ビタミンDは、カルシウムを取りみ、骨の発達と強度に必須です。
背骨が曲がってしまったりするので、ほうっておくと発育に深刻な影響を与えます。


日本小児内分泌学会は2013年、
くる病を正確に診断するための小児科医向けの手引をつくりました。

つまりこの数年、ここにきて、ビタミンD不足が深刻になっています。


子供はくる病などのような、はっきりした表に出てくる症状がでますが、
大人のビタミンD不足は、

・免疫低下により風邪などをひきやすくなる
・体調を崩しやすくなる
・秋冬のメンタルの落ち込み、うつっぽい感じ
・花粉症やアレルギー症状

などによって、現れます。

そして、子供よりもさらに、大人のビタミンD不足が目立ってきているのです。





■理由は、日光浴をしなくなったから。
ビタミンDは、日の光を浴びれば体内で自動生成されますが、


その条件は、半そで半ズボンで、太陽の位置が一番高い時間帯に
15〜20分を週3回程度、が目安です。



この条件を満たす現代人は、大人も子供も、ほぼ皆無です。

皮膚がんやシミのもとになる日焼けをさけること、
日焼止めを塗ることはもはや常識ですよね。

残念ながら、
日焼止めを塗った状態では、日光浴をしても、ビタミンDは生成されません。



■かといって、今は2015年、紫外線をじかにあびる勇気のいる人は少ないはず。
まして子供の弱い肌ではなおさら危険です。


この近年の猛暑の中では、
20分、太陽に照り付けられて日光浴、なんてのんきなことを言っている間に
熱中症になってしまいます。(実際先日、群馬県の友人(男性)が、プールで日焼けをして熱中症で入院しました)


ビタミンDを身体でつくる一番のチャンスの夏がこれですから、
他の季節につくられるわけがありません。



食品からとればいいといいますが、ビタミンD含有食品代表の干しシイタケなどは、
工場の乾燥ではなく、天日干しのものでないと、ビタミンDは含まれません。


食べ物からも難しいんです。



■そこで、サプリメントなんです。
日焼けの害と天秤にかけてまで、ビタミンDを体内で作る必要などなく、
サプリメントで摂取すればいいんです。

実際、小児のくる病の治療も、ビタミンD強化の粉ミルクなどで行われます。




■もう、夜は秋の気配がしてきましたね。これからやってくる秋や冬に、
メンタルの落ち込みを改善し、かつ気温の変化で風邪などをひきづらい身体、免疫を高めるために、
ぜひビタミンDを今から摂取して準備してください。

実際、インフルエンザも、ビタミンDを摂取した小児グループと、しないグループでは、
幼稚園でインフルエンザにかかってしまった率がかなり違うという臨床実験が報告されています。


ただし、
ビタミンDは、免疫をあげてくれますが、
サプリメントを飲み始めたら、すぐに上昇するわけではないんです。

少し時間がかかります。

準備をするのなら、夏の終わりの今からはじめてもらうことがとても大切です。
花粉症やインフルエンザの対策まで考えるのなら、効果をしっかり出すためには、
今はじめるのがギリギリです。


■冬場の落ち込みもビタミンDを摂取するだけで改善されることがわかってきました。


ただこちらも、ビタミンD濃度が上昇していくには時間がかかるため、
早めの準備が必要です。



今回、夏の終わりのビタミンDキャンペーンとして、

●このブログをお読みの方は、以前、初回限定ですでにお買い上げいただいた方も、再度、初回限定で購入いただけます。
●5790円⇒4380円 がさらに、 ⇒3749円になります。
●さらに、5袋以上で1袋プレゼント、8袋で2袋プレゼントします。1袋あたり2999円になる計算です。


1袋で一ヶ月もつ、大容量です。
10ヶ月つづけていただくと、確かな体感を得られます。
秋口の今から、気温がおちつく5月末まで、ちょうど10ヶ月です。

この機会にぜひ試してみて下さい。


★なお、すでにビタミンDの定期購入をされている方は、9月の引き落とし分より、1袋 4590円⇒3749円 にてご提供します。特に変更手続きなど必要ありません。


なぜこんな大幅なキャンペーンをしているかといういと、
ビタミンDは特に最近の栄養療法では必ず血液検査をして濃度を調べる、
初期でも重視される栄養素になったにもかかわらず、

摂取している人がまだまだ少ないからです。
どうしても、地味なビタミンだと思われているんですね。


あなたの心と身体の不調は、ビタミンD不足によるものかもしれません。
この機会にお試しいただきたいと思っています。


注文はこちら
http://shotashop.com/?pid=80173498



posted by 橋本翔太 at 20:22 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

育った環境と思考停止、過去を書き換えるには

育った環境と思考停止、過去を書き換えるには


■アドラー心理学がはやる前からアドラーに傾倒していた僕は、
日本で売れる前から知っていたアイドルが有名になってしまったような
複雑な気持ちを感じるときもあるわけですが、


とにかく当時、衝撃的だったのが、

トラウマなんてない。
育った環境なんて関係ない。
あなたが今の不幸なのは、あなたのせい。過去や育った環境のせいにしているだけ。

というアドラーの考え方でした。
一般的に、フロイトベースの心理学では、


親との関係、幼少期の過去、育った環境が重視され、
今でも、心理セラピーというと、過去を洗い直し、
見つめなおす作業こそ ザ・心理学、と思っている人は多い中、


このアドラーの考え方は、当時の僕には衝撃的でした。
とはいえ、欧米では、フロイト、ユング、に並んで有名なんですけどね。




■大丈夫、あなたの心は必ず復活する(KADOKAWA)でも、このあたりはとりあげており、
育った環境とトラウマと、今の幸せがリンクしていない例がある盲点についてお話しているとおりです。


そこと矛盾するようですが、
じゃあ、全く育った環境とか、親の影響がないのか、
アドラーのいうとおり、すべては自己責任なのか、


と考えると、はい、とは言い切れないのが、現実だとは思います。



最近、

母がしんどい(田房永子著)
私は私。母は母。(加藤伊都子著)

などを読んでいるのですが、僕自身も思うところはあり、
そうだよね、一筋縄ではいかないよね、と同意します。



だって、育った文化圏で、ものの考え方が違うでしょう?
国民性は、その人の責任ではなく、その国で育ったからこそ身についてしまった思考クセ。
海外でアゼンとするショックなことも、育った環境の違いから生まれるわけです。


それが当然、各家庭や育った環境にあるのはもちろんで、
あなたの不幸クセも、母親や父親の影響が全く無い、とは言い切れません。

そういう意味では、アドラーだけを真に受けると、
ますます自己責任の気持ちで落ち込んでしまう人もでてくるわけです。




■それでも、僕がアドラーをいいなと思う理由は、

思考停止にならない。させない。

という点。


育った環境、親、という、今からではどうにもならない過去のことが
原因だといわれてしまうと、

もう取り返しのつかない、どうしようもない、無力感に襲われて、ますますうらみつらみが増します。
あいつのせいだ、わたしの人生がのろわれている、と思うと、そこで思考停止になり、
肝心な、今の問題解決に意識がいかなくなるんです。

心理学にどっぷりで、いつまでも幸せになれない人は、ここにハマっています。

過去の分析なんて、そこそこで納得できたら充分で、
それ以上そこにとどまっていても、何も得られないんですから。

問題解決の過程では必要なこともありますが、
過去やトラウマ分析、幼い自分を慰める、などの行為そのものが問題解決にはつながりません。

ところが、思考停止になると、他の解決策を見つけよう、というその発想がでてこなくなる。




■一方、過去が原因ではない。親が原因ではない。すくなくとも、原因のすべてではないし、
今から、あなたの手で、問題は解決できる。
といわれたら、希望がわきませんか。

じゃあ、どうしたらいいか、今から何ができるか、という発想に変わります。
これが、本当の今の問題解決のスタートなんです。




■つまるところ、過去って、今が幸せだと、あのときの苦労のおかげで、今がある、と思えるし、
今が不幸だと、あの頃から私の人生はめちゃくちゃだ、と思えるものなんです。

【何かゆるぎない過去があるのではなく、今のあなたの状態で、見え方が変わるのが過去なんです】

ユーミンも、「静かなまぼろし」、のなかで、
「昔の恋をなつかしく思うのは 今の自分が幸せだからこそ」 と歌っているとおり。
(大人になってから知った曲ですが、この曲すごい好き。イントロから美しい)




■橋本翔太の提供している心理メソッドでも、ピアノレイキでも、栄養ボディ療法でも、共通しているのは、
今からできる、問題解決。今から何ができるか、ということ。

で、今の状態がよくなってくると、過去がよく見えて来るんです。
母親とのやりとりでうんざりした過去も、今が不幸だとよりつらく思い出され、
今が幸せだと、あまり引っ張られなくなります。



まして、考え方を変える以前に、脳の栄養状態がよくなるだけで、
ビタミンB群、アミノ酸、ヘム鉄、亜鉛などをしっかり摂取するだけで、

今の状態がよくなり、前向きになり、
結果、トラウマがトラウマでなくなることが起こります。

それならば、
過去の分析やら、自己分析やら、打消しの言葉やら、そんなことする前に、
肉体を整えて、メンタルを調整することを優先させたほうが、圧倒的に効率がいい。

その実体験を通して、最近の僕の活動があります。




■残念ながら、育った家庭環境に左右されるのは事実です。
生まれ持った気質で、落ち込みやすい人がいるのも事実。

すべての親が成熟しているわけではないので、
親のせいでメンタルを崩す人がいるのも事実です。

そこは受け入れるしかありません。理不尽ですよね。自分のせいではないんですもん。
自分が選んだわけではない。納得できないことがなぜか山のようにあるのがこの世界です。
ブッタも今よりもずいぶん前に、それを説いているわけです。


くやしいし、悲しいけど、
すべて親や過去や自分以外のもののせいにしたら、そこで終わりです。

何も解決にはつながりません。


それはそれとして、今、少しでも、あなたの状態がよくなれば、幸せになれれば、
過去は今見えているものよりも、よりよく見えてきます。

そしてそのためには、過去の分析ではなく、親をせめるではなく、
今、できることをに注力すること。そのほうが、早いんですよ、解決が。


たとえば、

・ナチュラリングでフラットしている自分を戻す、
・ピアノセラピーを日常に取り入れて、自己解放に利用する、
・食事とサプリメントの調整で、肉体を整える、


そうやって、今できることからしか変えられないし、
今できることからで、十分過去は変わるんです。


ささいなことから、今が変わります。今が変わると、過去が変わります。
過去とは、意外とあいまいなものなんです。


++++++++

それは恋愛においてもしかり。
★ナチュラリング セカンドノート・恋愛編 月末に発売予定です^^
http://www.reiki-de-kirei.com/naturaling/naturaling_guide.html#n3


++++++++
お知らせ


●8/7から8/13までショッピングサイトのメンテナンスを行う関係で

発送のスケジュールが以下のようになります。
ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。

■■■銀行振込をご選択いただいた方■■■

14日以降の発送になります。

■■■代金引換の方■■■

14日以降の発送になります。

■■■カード決済の方■■■

8月7日20時までのご注文は2〜3日で発送予定。それ以降は14日以降の発送になります。

■■■PayPalカード決済の方■■■

8月7日20時までに決済の方は2〜3日で発送予定。それ以降は14日以降の発送になります。


posted by 橋本翔太 at 12:31 | ★ 【エッセイ】飛躍へのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする