2017年01月21日

スリランカ4 二ゴンボ、ネゴンボ、お葬式

二ゴンボ、もしくは、ネゴンボ、と表記される、エリアへ。
4E172391-5848-459F-8414-B3ED97C7A595.jpgB67DD960-7464-42F1-AD67-78BA68D7F540.jpgF0124F4A-0E00-48B4-93FE-2883FAF7DE26.jpgDD33790F-354C-4329-9F04-ADC0852B22AC.jpg

ビーチは漁師さんが、地引網で魚とってました。

F7554CEA-FBC7-4B97-B2EF-60B0B6E8500F.jpg24B456D3-8B36-43A3-BC46-3F687977A431.jpg

観光地でありながら、すぐ裏は、ローカルの住まい。個人的にこういう生活感のある風景は大好きなんですよね、、、!  たとえゴミがあろうが

D08E06CC-217C-4EA9-985A-1F06E2790BC3.jpg

ホテルの前が、お墓だったんですね。撮影、はばかれたんですけど、あえてとりました。


ある日、お葬式の列に遭遇したんです。列をつくって、歩いていて、後をついていったら、このお墓に辿り着いて、埋葬のセレモニーも見ました。


人が亡くなるということを、違う文化、他国の人たち、異なる儀式をとおして、違った形でかんじとり、


生きてくこと、を逆に感じたというか。


やっぱり、生きてるからには、生きてくからには、心は元気でありたいし、想いは叶えたいし、そういうもんですよね。


だから、そのための、自分が掴んだヒントは、どんどん発信していきたいなと思います。







posted by 橋本翔太 at 19:38 | ★ 日常とか海外とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

ジュメイラモスク カンドゥーラ着てみた

もしもドバイで時間がある人は、ジュメイラモスクに行くのもいいかもしれません。
82DE8364-3D5F-4644-ADFA-6F23DADA592F.jpg

僕は宗教関係の施設やら寺やらが大好きなので、ドバイで一番、かつ中が見学できるというジュメイラモスク、いかないわけにはいきません。(とかいって昨年は面倒でいかなかった汗)

朝の9時までに集合。
見学はたった10Dhm 315円程度なんですが、待合室では、軽食のブュッフェ付き。

ラクダの乳のヨーグルトに感動
64DAABAB-C51F-42D6-8D4E-F800F5807230.jpg4CB2EF2B-D168-4E62-A403-1261F528E458.jpgCC6F8588-F2EF-44F3-A2CF-C6EFD79FF80F.jpg

中は意外と質素で、ガイドさんがイスラム教についてや、モスクについて、礼拝の仕方のデモなど一時間にわたり説明してくれます。


英語のボキャブラリーの足りなさをこういうときに実感します、、、宗教関連の単語や、わからない分野の話は、本当に聞き取れない、、、



これが音楽とかスピリチュアルだとか、ピアノだとかクラシックだとかトレーニングとか自分の専門や趣味の話だと、わかるんですけどね、、、


03777450-A5BB-4297-ACD2-B19688FF2A8E.jpg

小さいサイズしかなくてピチピチだけど、きてみたかったカンドゥーラ。

確かにこれは涼しいはず。



posted by 橋本翔太 at 01:23 | ★ 日常とか海外とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

Sir!がつくようになった

Sir!  がつくようになった



スリランカの途中で時系列がバラバラなんですけど、UAEにもきてまして、ビデオカメラ片手にぼっちPV撮影とかしてみたりしてます

036E8F46-6072-438A-AEDD-C73CF58FC7F2.jpg



2回目のドバイ訪問で、今回何が違うって、ドバイのキツイ人たちに慣れた一方、



飛行機、

レストラン、

理容室、

スーパー



あらゆる場所で、


Sir.がつくようになったんですよ、僕に。



白人の年上の友だちといるときに、毎回不満だったのが、彼にはSir.がついて、自分にはつかないこと(器が小さいのかもしれませんけどさーなんかねー)



How are you,Sir?

How are you?


Thank you

Thank you,Sir.



はぜんぜーん違うんですよ、違う。


女性なら、マダム、をつけてもらうと、やっぱり若い女性でも嬉しいんですって。


それ相応の扱いをされてるということで。



フランスあたりだと、

男性には

ムッシュ


女性ならには

マダム



をつけるだけで、ニコニコ具合がめっちゃかわりますからね。


ハローじゃなくて、

ボンジュール、ムッシュ、



だけで、もう、ぜーんぜんちがう。




とにかく、今回の訪問、一年ぶりなのに、とにかく、サーがつくんですね。



考えられることは


1   常に襟付きの服(といっても、ポロシャツだけど)を、着ていたから


ヒゲを長めに、かつ、フェイシャルビアード、頬の下あたりまで生やしたから


セクシーになった


、、、老けた



のどれかしか思い浮かばず、、、。



うーん、たぶん、ヒゲだよね、ヒゲね、うん。でも、去年も、ヒゲ生やしてたんだけどなぁ、、、。




You're welcome,Sir.



Sirの響きにやたらと大人になった気持ちになりました。


F4D71BB0-1738-49F3-88BF-C6C5EA069A7B.jpg

ビーチに集う観光客

国籍バラバラで見てて楽しい。

ヒゲはアラブ仕様で長めです。




posted by 橋本翔太 at 14:01 | ★ 日常とか海外とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浮かんだら、とりあえず、手を出してみる

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

もう14日ですがブログはじめということで。


今年は、思いついたらやってみる、というのを頭に入れておきたいと思ってます。

歳を重ねるといつの間にか、価値観と経験にしばられて、フットワークがどんどん重くなってくようにおもうんです。


特に経験が邪魔をして、やる前にああだ、こうだと、判断できてしまう。下手に賢くなったので、動かなくなってきてる気がして。



経験を重ねる前は、直観で浮かんだことはどんどん実行し、フットワーク軽く動けていたわけで、その感じを改めて取り入れていきたいなと思ってます。
posted by 橋本翔太 at 13:50 | ★ 【エッセイ】飛躍へのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする