2013年12月12日

リーダーは話を1分以内にまとめなさい

沖本るり子さんの、

リーダーは話を1分以内にまとめなさい
読んでいます。

「話を聞く側が、人の話を集中して、聞ける時間は、長くても一分です。一分以内に、何をどう伝えるかが勝負です」。
と冒頭からありますが、本当にその通りですよね。

誰にだって、長くてまとまりのない話にうんざりした経験はあるはずです。
特にリーダーの立場として、

ではどうしたらいいのか、のスキルが、この本では項目ごとにまとめられています。
リーダーにかかわらず、様々な立場の人に当てはまる内容ばかりです。

この本がすごいのは、ビジネス系の本って、結果や効率ばかりで、


相手の心を傷つけないコミュニケーションが抜け落ちてしまっていることがあるのに対し、
相手を傷つけないで、むしろ相手との関係を深めるために、


どう、話をきき、どう伝えるか、というキメの細かい視点が言語化され、まとめられている点です。


仕事の効率をあげるのは、もちろん、
例えば相手を叱っても、結果的に、感謝されるような、そんな、コミュニケーションのポイントを教えてくれます。


日本人の気質を掴んだコミュニケーションスキルともいえるかもしれません。

僕も、あー、、、こういうところまで伝えれば、相手も納得してくれたんだ、と、身に覚えあることばかり、、、。
何度も読み返したい一冊です。

image-20131212004336.png


posted by 橋本翔太 at 00:43 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。