2014年05月06日

思いつきのわらしべ長者効果2 〜マクドから大手町でプロ演奏家に〜



前回、思いつきのわらしべ長者効果1 で書いた、エッセイ、
http://www.shotablog.com/article/392937231.html

その後の続きです。



■思いつきのわらしべ長者効果2



マクドナルドで演奏していたある日、
だいたい同じ日に2組くらいアーティストがいるのですが、
ものすごく歌の上手いシンガーと、一緒になったんです。

話をするうちに色々と盛り上がり、別れましたが、
後日、その人から、六本木のガールズバーで演奏するのに、
ピアノの伴奏者が必要だから、一緒にやりませんか?

と声がかかりました。

そんなわけで、六本木のガールズバーで、伴奏と歌の仕事がはじまったのです。

学生時代から、埼玉県の浦和のバーで、ピアノ演奏のバイトをしていたので、
お酒の場での演奏は慣れていましたし、僕はコード演奏という手法を使うので、
レパートリーも幅広く、その仕事のおかげで、結構なお金になりました。

(橋本翔太のピアノ講座で学べます http://www.reiki-de-kirei.com/healingpiano/ )


演奏して、しかもお金がもらえるなんて、当時の僕には夢みたいなことでした。

これだけにとどまらず、そのシンガーから歌の刺激をたくさんもらいましたし、
そのつながりで、大手町で商業施設で演奏の機会も手にし、

やがて、大手町のサンケイビルでの音楽イベントへの参加、
そこで仲良くなった商業ビルのボスが新しくはじめた

「マンハッタンブルー」というお店で、同じくピアノ演奏の仕事を手にしたのでした。
もう、その頃は、ガールズバーの仕事は辞めていました。

マンハッタンブルーでは、ディナーコンサートも何度も行っているので、来ていただいた方もいるかと思います。すごく雰囲気のいい、高級レストランです。



たかだか、マクドナルドの張り紙を見つけて、すぐに飛び込んで演奏をはじめたことがきっかけで、大手町の雰囲気の豪華なレストランで、スタンウェイのピアノを弾いて、何万円もお金をもらえる仕事にまでありついたのです。たった1年半で。

それだけではなく、貴重な経験、歌やピアノのスキルアップ、もろもろ、ついてきます。

その後、「マンハッタンブルー」は、8年にわたり、お世話になったのでした。


全ては、マクドナルドの、演奏からでした。
張り紙をみて、すぐに行動したからでした。

正直、マクドナルドの電子ピアノは決してコンディションはよくなく、
誰もきいてくれないマクドナルドで、
手書きのチラシをそれぞれのテーブルに無理やり(笑)配り、
アンケートを求め、

そうこうするうちに、大手町にいました。

このマクドナルドで出会ったお客さんで、とても仲良くなったご夫婦もいらっしゃいます。

しかし、そのような、直接的な結果だけではなく、飛躍的な結果、
わらしべが、蜜柑に、そして反物にと、変化していくような出来事が、本当に起こったのです。


しかしそれは、わらしべを持って、出かけないといけないんですね。
そこには、「コツ」があるんです。

最後には、大きな飛躍へとつながる、「わらしべ」、つまりキーになる行動が
いくつかあるのですが、

それの詳細が具体的に書かれているのが、
ナチュラリングセミナーや、ナチュラリングのセカンドノートなんです。


例えば、セカンドノートでは、豊かさを手にするために、
いったい、これが、直接何の結果をもたらすのか、よくわからないであろう項目を、
必ず行ってもらいます。

しかしそれが、実に、効果的に、わらしべから反物へと変化していくキーになるのです。





■僕は今、バリ島にいて、ものすごい豪華なビラにステイしているのですが、全部無料です。

今回は、バリのオーストラリアの領事のお家にステイします。
ウチっていうか、、、だだっ広い敷地内に、ビラが五棟、プールつき、、、。
CBA7326C-04D1-4295-B3FB-FF79742C7422.jpg

とにかく、とんでもない豪華なビラです。
そこにタダで泊まっています。

(ブログに写真があります)
http://www.shotablog.com/article/396147257.html




ナチュラリング・セカンドノート 豊かさ&アバンダンス編で、
とても大切な項目のひとつとして扱っているのですが、

僕たちは、豊かさというと、
「自分の労働で得た現金」だと信じているんですね。


ところが、実はそうとは限らない。




日常の小さな誰かの親切や、
小さなラッキーや、
そのほか、色んなポイントがあって、


それが現金化されたらとんでもない豊かさの量になることに
気づきはじめると、豊かさがどんどんやってくるようになります。

意外なところ、びっくりすりるような場所や人から届くこともあり、
それは必ずしも現金、お金ではやってこないのです。





■そしてそこには「コツ」が必要なんです。
そして、そのラッキーをしっかり気づけるようになると、大きな変化が起こり始めます。


僕が、なぜ、オーストラリア大使館の友人がいるのか、
なぜ、バリ島のオーストラリアの領事の家に宿泊しているのか、


これも、どう考えても、日常生活の中では起こりえないことだと思われますが、
お話してきた通り、マクドナルドから大手町に飛躍した仕組と同じなんです。


すでに、ナチュラリグセカンドノートを実践している方は、
あそこに書いた内容を、必ず実践してくださいね。
そのくらい、パワフルな方法なんです。一見、地味ですけどね。


実際、教材にバリ島のことが書いてありますが、僕が「わらしべ」になる、
タネをまいていたことがわかると思います。僕が教材を作ったころ、まさか
ここにつながるとは、思ってもみませんでした。


最初できることは、地味で当然なんです。
僕もいきなり大手町の高級レストランに押しかけても門前払いだったでしょう。
マクドナルドの門をたたくほうが、確実であり、近道なのです。


ガールズバーでの演奏や、大手町での演奏は、お金を払ってお願いしたとしても、
通常、なかなか難しいんですよ。(オーディーションが厳しかったり、空きがないため)
ところが、僕はお金をいただいて、演奏してました。



この最初の「わらしべ」を持って、どう、出かけていくのか、どう行動するのか、
それがナチュラリングセミナーに書かれています。

そのわらしべが、今回、このような機会につながったのです。
僕も当時はその行動が、ここの高級ビラへの無料ステイへつながるとは、思ってもいませんでした。



今回、
僕が、同じことをしようとしたら何百万円もかかるでしょう。


そのようなことが、実は日常にも、たくさんひそんでいて、それに気付く「コツ」、
その「コツ」を身に着けられるかどうかで大きく変わってきます。




そのあたりの意識を変えるポイントがあるのですが、
それがわかると、


このようなこと(現金かどうかに関わらず、豊かさを受け取ること)が、
頻繁におこるようになります。



今回は、確かに僕はお金は払っていませんが、


僕にとっては、これ以上ないくらいの豊かさを手に、今、バリ島ですごしてます。

今回の目的はスピリット的な修行なので、
これから、バリのとある場所へ勉強にいってきます。

またパワーアップして、みなさんに還元できるように、スキルアップしてきますね。



父が倒れ、母子家庭になり、ぼろぼろの貧乏生活から、
ここまで這い上がってきた、そこで得たスキルをまとめたのが、
僕がここまで飛躍できた理由と「コツ」を書いたのが、


■ナチュラリング・セカンドノートの豊かさ&アバンダンス編 です。
http://www.reiki-de-kirei.com/naturaling/naturaling_guide.html#n2


基本編はこちら
ナチュラリング・ファーストノート
http://www.reiki-de-kirei.com/naturaling/naturaling_guide.html#n1




posted by 橋本翔太 at 02:34 | ★ 【エッセイ】飛躍へのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする