2016年03月23日

メルマガの感想ご紹介

先日お送りした、メルマガ、 【人生の揺れを上手に乗り越える方法〜京都五重塔から見えてきたこと】の感想をいただきました。ご紹介いたします。

:::::::
いつもメルマガ読んでいます。
今回の「大きなショックも【揺れに抵抗せず】【しなる】ことで、乗り越えられる」という
言葉に大きな励ましと勇気をいただきました。

私の職場では今回不条理ともいえる人事が行われ、怒りの感情でいっぱいになって
いました、さまざまな抵抗もうまくいきませんでした。

しかし、私の考えや過去の経験だけが正論ではないですよね、
一見、非常に理不尽にみえる事柄にも「揺れに抵抗しない」生き方があるということに
気づかされました。
ありがとうございました。

                          北海道 アトム

:::::::

いつもお世話になっております●●です。メルマガ拝読しました。京都いいですね。私は一度だけ行ったことがあります。素敵なところですね。

今回のお話しのテーマがうまく揺れをかわすということですが、本当にそうですね。何事も固くしたり、強くすると壊れやすいですね。でも、固いほうが、丈夫に感じたり強いほうが守ってくれるって思うから、そちらに流れやすいですよね。こころも柔軟でありたいと思いつつ、40歳過ぎて、今更…。って思うことたくさんです。40歳すぎたらこうあるべきみたいな思いもあって、進まない事もあり、縛られまくりです。

すいません、橋本先生のいいたい事とズレてますね…。

いつも本当にブログ、メルマガ楽しみです。読むと納得することたくさんです。ありがとうございます。これからのご活躍期待してます。


****

こんにちは。いつもメルマガとFacebook、楽しみに拝見しています。ありがとうございます♪( ´▽`)
今日たまたま寄った書店で見つけました。
image1.JPG
こちらも拝見させていただきますね(^ ^)
今回のメルマガの内容は特に深いお話しのようですね。じっくり読みたいと思います。
よろしくお願いします(^ ^)  

****


みなさん、感想ありがとうございました。励みになります。

メルマガはこちらでご登録ください。広告のメールは届きません。かつ無料メルマガです。不定期配信です。
http://www.reiki-de-kirei.com/ml.html


どんな内容だったのか? は以下のとおりです。


**********


震災から昨日で5年経ちましたね。思うところはブログに書きました。
当時中学3年生の子はもう成人ですね。
時は流れていきますね。


その震災に絡めたわけではなく、先日純粋に気づいたことがあったのでご紹介します。



■人生の揺れを上手に乗り越える方法〜京都五重塔から見えてきたこと


京都に行ってきたんです。
東寺の五重塔と、相克寺の蟠龍図(鳴き龍)の特別公開含め、京都ギッシリ。はじめての相克寺は庭も龍も素晴らしく、喧騒が増す京都で、久しぶりの静寂に包まれてきました。


今回、なぜかいまさらながら、すごくひっかかったのが、耐震の工夫。五重塔の耐震技術は有名ですが、三十三間堂のお堂も耐震技術に優れており、そんな説明がとにかく今回は頭に飛び込んできました。


五重塔も、中国からの伝来だと石造りのものがあるわけですが、日本では石造りだと、地震であっけなく崩れてしまいます。いかに地震に耐えられるか、というのは、平安時代からすでに課題になっているわけです。

そこで共通しているキーワードはなんだと思います? それは


【ゆるく、固定している】

ということ。心柱だったり、振り子の役目をする技術だったり、平安時代からこんな工夫が、とびっくりする特別な技術もあるのですが、とにかく、何をおいても、


【ゆるくとめる。かっちり固定しない】


ということが、キーワードになっているんです。


現代の建築でも同様ですが、揺れに対して、しっかり強固な造りだと、揺れを逃がすことができずに壊れてしまいます。東日本大震災の際でも高層ビルがしなっている映像がありますが、


揺れを逃がすために、しならせる余白があること、ゆるく固定して(幅をもたせて)、揺れを逃がすこと、という工夫がされているわけです。なんだか、人生みたいだな、と思いました。


当時の建築の課題は、地震に耐え、建物の寿命をのばすこと、です。
その目的達成のためには、かっちり強固な造りではなく、ゆるくとめられた、ゆるい造りが効果的だと、はるか昔の人はたどり着きました。


人生においても、各自の想い、目的ってありますよね。目的達成のためには、強い意志でもってすすめ、と言われています。とはいえ、その目的に向かう際に、自分が思うようには進まないことが度々あるわけです。


想像もしないところで揺さぶられ、揺らされ、崩れそうになることだってあると思います。そんなとき、どうしてもこうじゃないと、どうしてもこの方法じゃないと、この時までに、何歳までに、こんなふうじゃないといやだ、こうしたい、こうありたい、こうするべきだ、


という強い思いや強い意思が、かえって、人生の揺れに耐えられなくなってしまう、崩壊へとつながる原因になることがあるのではないでしょうか。本当に大きな揺さぶりやショックな出来事が起きた時に、強い意志で対抗しようとしても、自分の意思だけではどうにもならないことがありますよね。強い意思という名の【硬さ】【強固な思い】【視野の狭い見方】のせいで、揺れに耐えられなくなることが大いにあると思うんです。


目的への道はひとつじゃないんだということ、いろんな方法があるはず、こういうやり方でもいいや、今はちょっと落ち着こう、まぁ、なんとかなるよね。


そんな、ともすればちょっといい加減に感じるような、【ゆるさ】を持っている人のほうが、何百年、千年と地震に打ち勝ってきた京都の建物ののように、大きなショックも【揺れに抵抗せず】【しなる】ことで、乗り越えられるのではないでしょうか。三十三間堂の裏側のお堂の説明を読みながら、そんな【ゆるさ】が目的を達成する一番のポイントになるような気がしました。


実際、変化の前は、ちょっと揺れるものですし、生きてれば、出来事に揺さぶられることは起こります。人生に揺さぶられる、周囲に揺さぶられて、苦しくなるときもあります。そんな大きな揺れがきたときほど、自分の中に【ゆるさ】をつくる。【かっちり】さを捨てる。それが結果的に、しなやかに、乗り越えていくヒントになるのだと思います。


地震に抵抗しようと、しっかり強固な造りにするほど、揺れのエネルギーを逃がすことができず、崩れてしまいます。人生においても、揺さぶられるような出来事があったときほど、もとめられるのは、【ゆるさ】なのでしょう。そのことに、はるか昔の京の建築者は気づいていたわけです。


堂々とそびえる55mの五重塔。その存在感とは裏腹に、ゆるく固定され、ゆるく、佇んでいるという事実。


【ゆるさ】ゆえに、はるか昔から、この存在感が存続しているのだと、しみじみ感じてきました。




このゆるさ、ですが、考え方をかえることだけで、つくれるわけではありません。 栄養ボディ療法で紹介しているように、 脳に必要な栄養素をしっかり摂取してあげること、 心のための食事方法をとりいれることで、自然と、必要な【ゆるさ】がうまれてきます。



肉体からも、心のゆるさ、しなやかさ、は作れるのです。 むしろ、肉体が原因で、心のしなやかさをうしなって、固く何になっている場合もあります。 だから。橋本翔太は、身体からの心のアプローチを伝えたいんです。 ものの考え方も大切。 でも、わかっているけれど、できない、そんな人ほど、足りないのは身体のアプローチ、 栄養素の摂取、サプリメントの活用を取り入れてください。


http://supplement.reiki-de-kirei.com/



::::::::


上記のような内容をお届けしています。
メルマガはこちらでご登録ください。広告のメールは届きません。かつ無料メルマガです。不定期配信です。
http://www.reiki-de-kirei.com/ml.html




posted by 橋本翔太 at 16:16 | ★ 各講座の感想・効果・ご質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする