2016年12月26日

When they go low, We go high



臨床心理専攻教育修士/音楽療法家 の橋本翔太です。


今年もあとわずかになりましたね、ブログを年内に発行できるかわからないので、とりあえずのご挨拶をさせていただきます。今年も本当にありがとうございました。


今、スリランカに来ています。
久しぶりの、ザ、東南、南アジア、という感じで、良い面も悪い面も刺激を受けてかなり揺さぶられています。


ネット環境が不安定なのて、落ち着いたらブログに更新していきます。

、、、、

When they go, We go high.

今回も前回に続き、英語ネタなんですが、アメリカ人で、ブロードウエイなどでオーケストラの指揮をとっている、主にディズニー系のミュージカルのレコーディングを手掛けている友人がいます。


今年の10月から来日していて、劇団四季の新しいミュージカルの指導とレコーディングに携わっていました。(今回は美女と野獣や、リトルマーメイドの音楽を作曲した方、アランさんも来日、紹介してもらえて、すごかった、、、)


友人が滞在中に一緒に何度もご飯を食べ、かつ鎌倉にいったり、果ては、沖縄にまで連れていったりと、以前お世話になった分の恩返しをしたわけですが、


彼もスピリチュアリズム、ニューエイジに傾倒していて、僕のようにヒーリングミュージックを作曲演奏していたりします。


当然、学びも深く、今回も、ものすごく、刺激をうけました。


その中で彼が教えてくれた印象深い一言を。


”When they go low, we go high.”

これは、オバマ夫人が先日の大統領選挙に絡んだスピーチで話した言葉だそうです。


政治的なことは置いておいて、この言葉が意味するところは、


彼らが、下に行くなら、私たちは上にいこう。

つまり、彼らが、悪態、意地悪、嫌なこと、許せないこと、腹がたつこと、ムカつくこと、そんなことをしてくるときこそ、


わたしたしは、彼らと同じ場所で罵り合うのではなく、愚痴をのべるのでもなくらより高みを目指し、より、落ち着いて、穏やかで、自信を失わず、自分の良い面にフォーカスか、より良い自分であろうとしましょう、ということなんです。

どんな人の中にも、
Worse Version(よりだめな自分バージョン)
Better Version(より良い自分バージョン)

があります。
相手の行動に対して、憤り、腹がたつ、ゆるせない、びくびくしてしまう、そんな、ネガティヴを感じるときこそ、

Go high. より高みをめざそう、という意味なんです。もちろん、そんな簡単なことではあません。でも、唱えると不思議と気持ちが落ち着いてくるんです。


生きていると、人間関係で色々ありますし、時に信じられないような裏切りとか罵りとか、無視されるとか、意地悪とか、あるいは、些細であれ、ムカつく、イラつく、悲しくさせられる、そんなことありますよね、そんなときこそ、


When he goes low. I go high.
When she goes low, I go high.

と、唱えると、不思議と気持ちが落ち着いてくることがわかりました。これは大きな収穫でした。



ある種のアファメーションなんですが、英語のシンプルな表現の中に多くの意味が含まれていて、唱えるとしっくりくるというか、気持ちが落ち着くんです。


それこそ、今、スリランカでは、日本ではあり得ないような、詐欺に近いようなこともあったのですが、

When he goes low, I go high.


と唱えて気持ちを落ち着かせました。


When they go low, I go high.

試しに唱えてみてください。

、、、、、、


改めて本年、ありがとうございました。

この数年間は、主に身体のアプローチから、いかに心、メンタルや人生を好転させるかをテーマに活動してきました。


来年は、そこに加えて、この数年間、ずっと、再構築したきた、スピリチュアルや波動の話、を、改めてお伝えしていきます。

ようやく、再度、みなさんにお伝えできる準備がととのってきました。

レイキのことも、改めてお伝えしていきます。

、、、、、、


本年のご注文は明日27日まで、
お振込は27日15時で締め切り、となります。

おかげさまで、発売後、腸内フローラ、大変好評いただいております。年内のご注文がありましたら、お急ぎください。


心とメルタルのための、腸内フローラ






メルマガ(広告なし)をぜひお友達にもおススメしてください。登録・解除は以下へhttp://www.reiki-de-kirei.com/profile/melmaga.html





posted by 橋本翔太 at 20:02 | ★ 【エッセイ】飛躍へのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする