2018年01月02日

毒親問題は誰とも分かち合えない。そして親と決別することが全て。

繰り返しますが、家庭の問題、親の問題は、ほかの誰かと分かち合うのは非常に難しいです。
どんなに気心知れた親友や、パートナーでも、家族として育った人間にしかわからないですし、

おなじ空間にいた、兄弟姉妹にさえ、こちらがどんな気持ちでもがいて苦しんできたか、何をされたのか、は、結局のところ、わかってもらえないんです。そしてそれが普通です。


あなたの周りが特別に無理解なわけではないんです。みんな他人のことは結局のところわからないんです。



だから、わかってもらうのをやめましょう。誰かに話すなら、ただ、黙って受け止めてくれる、否定はせずに話を聞いてくれる人にしてください。


あなたに必要なのは、アドバイスでも、励ましでもないんです。


認めたくないけど、親によって、親が原因で、今も苦しんでることが沢山あり、生きづらいのは親のせいなんだと認めることです。自分の責任にしてきた親の責任を、親に返すことです。自分を責めるのをやめることです。


ここで注意したいのは、親のせいにするのではなく、親のせいなんだと認めて受け入れることが必要なのであって、2つは全く違うものだということ。



親のせいにしてしまうと、エネルギーが自分のコントロールできない親に委ねてしまうことになり、あなたが今ここから幸せになることができなくなります。後悔と憎悪で身動きできなくなります。


親から影響を受けた苦しみ、悲しみを、そのまま素直に苦しみ、悲しみ、怒りも憎悪も感じきり、



その上で、



そして親と決別し、親に吸い取られていたエネルギーを取り返すことなんです。


そのためには、自分の親によって、苦しんできた、この生きづらさも親のせいなんだ、そしてそれは本当に許せないし、自分は不運だとつくづく思うけど、もう仕方ないと、けりをつけることなんです。


簡単なことではないです。
憎しみ、怒り、何十年も無駄にしてしまった悔しさ、他人の幸せな子供時代がうらやましい、友人が親になって、素晴らしい子育てをしていて、この子たちはなんて幸せなんだろう、それに比べて自分は本当に辛い家庭で育った、

など、都度わいてくる感情から逃げないでください。それがエネルギーを取り戻るために必要なプロセスなんです。

2D685677-7C5A-4DB5-859D-A5B89F2ED92A.jpg