2018年01月13日

親も辛かった、、だから何?

毒親を持っていない人に、親から与えらた苦しみを理解してもらうのは不可能です。

常套句が、


そうはいっても、あなたの親も辛い思いをしたのよ、あなたの親も子供の頃苦しかったのよ


という話。それは事実でしょう。しかし、親が苦しんだから、子供も苦しませていい、子供は親からの苦しみに耐えなければならない、そんな理由には絶対になりません。


橋本も、内観療法で、この視点を徹底的に植えつけたのですが、それが長い目でみて悪影響だったかもしれないと、今では残念ながら思います。


内観療法では、母親ではなく、苦しむ一人の女性として、当時の状況や相手のことをみていくのですが、確かにそれをすると、相手の苦しみ、抱えてきた苦悩、それゆえ、子供に当たり散らし、苦しめられたのも仕方ない、親も苦しかったんだ、という気持ちになります。


それが許しにつながり、解放された部分も多いにあります。

でもこれによって、橋本の場合は余計に感情に蓋をされてしまったところもあるんです。


内観療法の問題点は、後ほど書きます。



とにかく、あなたが苦しめられてきた理由に、親も苦しかったんだ、というのは受け入れなくていい話です。


あなたはあなたの人生をまもらなければならない。自分を誰よりも正当化してください。


そもそも、頼んでもないのに、産み落とされて、その親に苦しめられ、なんで生きなくちゃならないのか、と思っていわけで、


親だから何をしても許される、傷を負った親だから子供にひどいことをしても仕方ない、それは子供が許さなければならない、というのは暴力です。



毒親持ちに理解のない発言はシャットアウトしてください。


あなたが本当に回復できたら、そのとき、心の余裕と、健康なメンタルの元で、親も辛かったんだ、と思える日が来るかもしれません。でもそれは他人にとやかく言われて思うことではないのです。




28B93447-CF31-40DE-BFCC-14BF1DF0EA36.jpg