2018年04月04日

毒親から目覚めるために 内観療法の問題点

以下の2冊が僕にとっては衝撃でした。
タイトルは過激ですが、読めばわかります。

岡本さんは、刑務所でも特に罪の思い人たちへカウンセリングをしてきた方です。

悲しいかな、極悪犯罪者は、子供の頃、たいていいい子で、親のためにと自分を犠牲にして生きてきた子供であることがわかります。

いい子でいることがなぜ苦しいのか、それもわかります。昔からいい子だね、と言われて育ってきた、そして今生きるのが苦しい方は読んでください。

個人的に、だれかを殺していてもおかしくなかった、この本の登場人物になっていた可能性があった、と心底思いました。


だれかを殺さなくても、その殺意が自分に向いたら自殺です。自殺は、自分を殺す人殺しなんです。


これらの本で何か目がさめる方がいるかもしれません。


個人的には、22歳の時に10日間こもって取り組んだ内観療法によって、かえって悪化してしまったかもしれない、という現実がショックでした。

内観療法は感謝へと視点を転換するメソッドなんですが、今でも少年院では必須の取り組みです。

相手に
してもらったこと
迷惑をかけたこと
おかえししたこと


を、ひたすら半畳の部屋にこもって書き続けるのですが、してもらったことと、迷惑をかけたことばかりが思い出されるようにプログラムが組まれており、自責から感謝へと変えていくメソッドで、

大学院時代、教授の勧めで行いました。


しかし子供にばかりやらせて、親にやらせないのはフェアではない、という一文、ここにはっとしました。


なぜ、良い子じゃだめなのか、親の呪縛にまだ苦しめられていないか。

それを再確認できます。

5BBE9FB2-73DF-48FB-A251-EF309493E333.pngAAB0E6FE-4E23-48DF-B0EA-6319DB6486FC.png