2019年01月05日

糖質制限は一生ものなのか? 

糖質制限は一生ものなのか? → 数年がんばれば、だいぶゆるくできる



質問をいただきました。
MYさま 神奈川県座間市


 こんにちは、
 YouTubeでの動画を拝見させていただきました。
 ありがとうございます。

 私は、甘い物の過食で一度低血糖症と診断されました。
 過食以外では、朝起きれないとかだるいとかはあまり
 ありません。

 捕食などの栄養療法などは、一生していかなくてはな
らないのでしょうか?

 低血糖症は一生低糖質制限などしなくてはやはり
 だめなのでしょうか?

 ちなみに、わたしは、糖尿病予備群となってしまい
空腹時血糖値は98位なのですが、食後糖質をとると180以上上がってしまう時があります。
 
ダメだとわかっていても、焼き芋を食べたときは300まで上がってしまったときもあります。そこから過食が始まります。やっぱり、一生栄養療法をし続ける&糖質制限でコントロールしていく病気でしょうか?よろしくおねがいいたします。



___________


こんにちは橋本翔太です。

はい、血糖値の問題は、完治はありません。なので、一生続けていくことになります。

ただし、辛いことでも、怖いことでもありません。


・補食
・糖質制限

に加えて、

・サプリメント

で調整機能をしっかり整えていくと、
数年後には、かなりゆるい実践でも問題がおこらなくなってきます。

個人差はありますが、3~5年が目安になります。

ただし、この期間は、糖質制限とサプリメントの摂取はしっかり行う必要がありますし、
その後もサプリメントの摂取は必要です。




私は現在、ラーメンも普通に食べますし、デザートも食べます。

ただし以前と違うのは、血糖値をあげない工夫がしっかり身についていることです。


●ラーメンを食べる前にアミノ酸やプロテインや、牛乳などを必ずのみ、空腹で食べない。
●食後のデザートは食べるときもあるが、以前の様な、デザートバイキングにはいかない。もしどうしても行きたいのなら、そのあとにジムにいって糖質を燃やす
●甘いものを食べたい時には、運動の前にする
●甘いものを食べたあとに、次の食事の間を開けない(血糖値が下がりすぎる前に食べる)

などの工夫は行なっていますし、それがしっかり身についているのでこの実践の苦はありません。

今は上記のことは厳しいと感じるかもしれませんが、やっていくうちに、それほど大きな努力ではなくなります。何より、体調が整い、気分もよくなりますから、それがモチベーションにもなります。



空腹で焼き芋などは、今はぜったい避けなければなりません。せめて何か、たんぱく質の食事を前もって食べてください。

ほうっておいて、よくなるものではないので、食事とサプリメントは必須です。
取り組んだぶん、体もやがてこたえてくれます。


このことは、どこかで動画でもご紹介したいと思います。


橋本翔太






posted by 橋本翔太 at 22:17 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする