2015年11月22日

心のためのサプリメント事情 ドバイの場合

ドバイのサプリメント事情を調査してます。

基本、すべての商品が輸入品です。あまり見ない珍しいメーカーのアメリカのサプリメントがあったりして、楽しい一方で、

値段は高め。

日本のメーカーも、英字パッケージで輸出してました。

また、品揃えは決してよくなく、ボディビルディング系のドラッグストアにいかないと、このままでの、品揃えはなく、それは日本と同じ。

現地のアラブ人の友人の話だと、ドバイではこのライフというチェーン店が一番品揃えがあって安いそうです。

34ABD694-5151-4942-8769-5E2AE0EA504C.jpg

93828C89-287D-46F1-805C-B05A85BA5E89.jpg
しかも、内容量が少ないのも、日本と同じ。日本同様、ドバイは容量に厳しいんでしょうね。

31D6C323-2184-4A58-9676-BB7C5379A81E.jpg

今日のお買い上げ。

プロテインを、心の回復のために飲もうとおもっている方は、ホエイプロテインよりも、
ラクトースなどを排除したアイソ系がおすすめです。

もしくは、ゆっくり吸収される、大豆プロテインがいいでしょう、

しかし問題なのが、プロテインで胃の調子が悪くなる人が結構多いこと。美味しくない、と続けられない方も多いです。

たんぱく質を補うためには、ぜひ、心のアミノ酸をご活用ください。吸収率がよく、内臓に負担がかかりません。
(もちろん、普段の食事でのたんぱく質補給は、心の回復、活力ある心づくりの基本です)。


栄養療法などの発想は、まだまだ、浸透してないような気がします。

健康に意識を向けられるのが一部の階層の人間のみであり、その人たちも、贅沢品とか美容には興味あっても、メンタルのための栄養とかにはまだ関心はないのかも。

とはいえ、美容のためにも、サプリメントは役立ちますけどね。


お伝えしている、
コーダサプリメントで心だけじゃなく見た目も変わりますから。


なにしろ、こうやって世界のメーカーを試して成分表を読んで、コーダサプリメントの制作、研究につなげています。


栄養ボディ療法







posted by 橋本翔太 at 23:12 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

久しぶりにみた芸能人が老けて見える理由。続けるコツは点数化で回復に気づく!

久しぶりにみた芸能人が老けて見える理由。続けるコツは点数化で回復に気づく!



サプリメントと食事で心を回復させる方法にとりくんでいても、
季節の移り変わりに気温差があるように、


・ガクンと落ちることがあること、
・でもそれは、今まで調子が回復してきたからこそ、ギャップを大きく感じるから、ということ
・そして、その「落ち込み」は前の「落ち込み」よりも本当は軽いものなのに、よくなった状態を知ったからこそ、
余計に落ち込みを強く感じてしまうという矛盾があること


だからこそ、グラグラしているときほど、よくなっている変化の最中だと思ってほしい、
というお話をしました。



また、栄養ボディ療法やナチュラリングで回復してくると、その落ち込み期間も、そう長くは続きません。

昔は何かあったら半年具合が悪くなってしまった方が、
一週間で、元に戻ってくる、

落ち込みから抜け出すのが早くなる、
これも実感いただけるひとつの嬉しい事実です。



ところが、多くの方が、この「変化」、に気づかないんですよ。

どんな人も、自分自身と毎日付き合っています。そのため、ささいな変化には感覚的に気づくことができません。
テレビで久しぶりにみた芸能人が、老けたな、変わったな、と感じるのは、あなたと接点がなかったため、
いきなりその変化を見たからそう思うのです。

その芸能人や、いつも接している周りの人は、老けたとか、変わったとか、別に思いません。
毎日見ているから、変化も少しずつおこるので、きづかないのです。


あなたの回復具合も、意識しないとわかりません。
そして、それは感覚的なものなので、数値化しないとわからないんです。

1〜10で点数をつけましょう。
状態が悪いほど、点数が高く、よくなるほど、数字は小さくなります。
(例 最悪 10点  安定している4、または5点  すごくいい 1点)


ここでご紹介してきた橋本翔太のメソッドを始める前は、何点でしたか?

そして今、取り組んできて、今、何点ですか?

多くの人が、多少なり、よくなっているはずです。


そういえば、去年の今ごろは無気力だったけど、最近やる気もでてきている。
今抱えている人間関係の問題も、元気になって人と関わるようになったからこそ起きているから、
問題の質はあがったな〜

などのように、点数化で気づくことがあるはずです。



落ち込んでいる時、
調子が悪い時も、点数をつけてください。


数字で考えると、微妙な差でも客観視できます。
そして、その微妙な差を見落とさないでください。


前にお話ししたとおり、
人生の質や心の回復は、階段状に変化していきますから、
じわじわ変化するというより、体感的には、突然よくなったような変化を体験します。


そこにたどり着くまでに、辞めてしまう方が多くて、本当に残念なんです。
せっかくやったのに、よくならなかったので、騙されたような気分になる人もいるかもしれません。

(もしも橋本のメソッドを試して、騙されたように感じる方はメールで相談ください。
 そのまま辞めてしまうのは、僕も不本意ですもの)



栄養ボディ療法で紹介している、食事にしろ、サプリメント摂取にしろ、


続けていくことで、悪くなることはないです。必ずよくなっていきます。
それに気づけずに、辞めてしまうのが、一番もったいない。

どうしても、早急な回復、変化を望んでしまいがちですが、
腰を据えて、ゆっくり、じっくり、とりくんでいきましょうよ。


落ち込んでいる時、
続けるか迷っている時は、点数化してください。

そして、調子がよいときも、点数化してみてください。
昔は、3点なんてつけられなかったのに、今なら、3点、調子がいい、っていえる!
そんな自分にきづくはずです。


コーダサプリメントをご利用中の方、
橋本翔太の各講座をご利用の方、

僕が質問にお答えします。
嫌になったり、もう変化しない、とうんざりしたときでも、メールください。


僕は自分が体感してよくなったものしかご紹介していません。
そして、自分がボロボロだったので、ただ、メソッドだけを紹介しているのとは違います。



確実に、変化していますから、点数をつけて、それに気づきましょう。
感覚で判断していると、小さな変化を必ず見落とします。



栄養ボディ療法
http://supplement.reiki-de-kirei.com/

ナチュラリング
http://www.reiki-de-kirei.com/naturaling/index.html



posted by 橋本翔太 at 18:53 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

セント・ジョンズワートは、心に効くのか

セントジョンズワート(オトギリソウ科の多年草)が、

うつ
不安
不安神経症
パニック

などに効く、ということを知ったのは、心理学や波動について本格的に出会う前の20代前半。
もちろん、栄養療法の事なんて知りません。

その頃、メンタルがボロボロな時期があったのですが、
海外留学経験豊富な、かつたまたま自然療法系だったピアノの師匠が、
セントジョンズワートを教えてくれました。

僕の場合、飲んで割とすぐに、重苦しい心の感覚がなくなったので、
輸入で1瓶とりよせて飲んでいました。お守り代わりに持ち歩いたりして

2010年くらいから、日本でも普通に小さなドラッグストアの薬局で購入できるようになりました。
たいてい、サプリメントコーナーにありますね。


ハーブです。西洋の漢方、といったところでしょうか。生薬なので、
サプリメントとしてよりも、本来はもっと薬として扱われるべきものだと僕は思っています。


で、たしかに、ヒットする人には、おだやかに効くと思います。
ただし、漢方のように、体質改善を目指して長期で飲むものではないですし、

漢方よりも、副作用などもはっきりわかっていません。(よって漢方と違い保険適用にもなりません)


なので、
痛み止め的な、発送で、頓服として、あるいは、
ショックやストレスが落ち着くまでの期間、飲むことはOKだと思いますが、
根本的な

心の問題の解決につなげたいのであれば、


並行して、

たんぱく質メインの食事
ヘム鉄の摂取
アミノ酸を食間に取る
ビタミンB群の摂取
亜鉛、ビタミンDの摂取


という、大元から直していくための食事改革、サプリメント摂取は必要です。


たとえば、西洋の抗不安剤のデパス(肩こりなどの筋弛弛緩としても使われる)は、

不安をしずめ、気持ちをおちつかせる効果はありますが、
デパスをずっと飲んでいれば心が治る、というものではなく、

不安をしずめた状態で、回復に向かっていく努力が必要になります。
その、身体の改革が栄養ボディ療法として橋本がお伝えしている分野。
心の改革が、ナチュラリングや著作でお伝えしてきている、内容です。



セントジョンズワートも、そういう意味では、頓服的な要素がつよく、根治のために
使用するイメージが僕にはありません。

デパスなどを飲むほどではない(もしくは飲みたくない)けれど、
とりあえず、ちょっとでも心が楽になりたい、ハーブの頭痛薬のようなもの、
として認識してみてください。


上手に、並行して、使っていきましょう。






























posted by 橋本翔太 at 00:45 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

空腹で調子がいい気がするのは、ただのハイであり、身体は悲鳴をあげています。副腎疲労(アドレナル ファティーグ)


空腹だと集中できる、仕事がはかどる、これは身体を壊す前に自分もしてたので、よくわかります。空腹だと、集中できるし、作品なんか作ってると空腹のほうが調子がいい。ここに罠があります。これは、空腹による血糖値低下を食い止めるため、アドレナリンやコルチゾールが放出される「ハイ」状態だから。身体は悲鳴をあげています。


低血糖状態は命の危険なので、空腹が続くと、身体は必死で、アドレナリンや、ストレス対抗のときに本来は使うコルチゾールなどを使って血糖値を維持します。これらのホルモンの効果で、集中できたり、仕事がはかどったり、身体が軽くなった気がするのですが、これは、ただのハイ状態なので、この後が怖いのです


コルチゾールが無駄使いされると、ストレスに弱くなります、ちょっとしたとこで落ち込み、立ち直りが遅くなります。アドレナリンは不安感を強めるため、イライラや、未来の不安に襲われやすくなります。これが、良かれと思ってやっている、長時間の空腹によるものなんです。


長時間空腹をつづけて、休憩にチョコレートなどの甘いものやスムージーなどを飲んだりすると、血糖値コントロール機能はボロボロになります。それが、メンタルの不調にもつながります。大元をたどると、長すぎる空腹による「ハイ」がいいことだ、という勘違いからおこります。僕も勘違いしてました。


個人差はあるものの、年齢を重ねることで、この不具合が表面に出てきます。空腹が身体にいいと思って、いつしか、うつやパニックを患ってしまうことにつながっているとは、どのくらいの人が知っているのか、、、僕も早く知りたかった。心の問題は僕の過去や心理にあるのだと信じていたのでなおさらね。


そして、コルチゾールがどんどん使われてしまうことで、副腎に多大な疲労がかかり、副腎疲労(アドレナル ファティーグ)が起こります。これ、僕がこの何年も苦しんできている、ものの一つです。これについてはまた改めて書きますね。日本ではまだまだ、知られていませんが、アメリカあたりだと、本は結構でてます。


専用のサプリメントもありますが、基本は、

糖質制限の食事
たんぱく質をしっかり摂取する
ビタミンB群、アミノ酸、ヘム鉄、亜鉛のサプリメント摂取
可能であれば、ビタミンEも

という、栄養ボディ両方でもご紹介している基本のやり方がベースになり、
長い目で取り組む必要がでてきます。


僕のようになってしまう前に、早い段階から、

空腹をさけ、
たんぱく質をしっかり摂取して、
糖質をなるべく減らす

ことができれば、副腎疲労まで悪化することはありません。

副腎疲労の問題は、身体がだるい、頭痛や不定愁訴だけではなく、
メンタルの落ちこみです。

ストレスに弱く、
やる気が出ない
悲観的、
不安が強い


これらが、コルチゾール不足、副腎疲労により起きてしまいます。









posted by 橋本翔太 at 17:15 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夢をよく見る(覚えている)人は、ビタミンB群がたりません





夢をよく見る人、
目覚めた時に夢を覚えている人、は、ビタミンB群が足りないサインです。

B群不足で、眠りが浅くなっています。

しかも、その夢が、あまりいい夢でない、微妙な夢なら、なおさら、B群が足りません。
このタイプの方は、夜寝る前に、ビタミンB群を増やす実験をしてみましょう。

寝る前に、たんぱく質(無糖のヨーグルトや、アミノ酸)と一緒に、コーダサプリメントのビタミンB群を、2粒、3粒、と増やしていって、夢をみなくなるまで、増やしてみてください。個人差があるので、何粒で見なくなる、というものではありません。各自の実験で、ちょうどよい量を探すのがポイントです。

夢を見るのはビタミンB群不足のサインです。かつ、それが嫌な夢で、しかも朝気もちがブルーなら、心のアミノ酸と、ヘム鉄のサプリメントも必要な状態だと思ってください。



posted by 橋本翔太 at 16:15 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

栄養療法で回復! ちょっと浦島太郎なこの頃です。

橋本は、ちょっと浦島太郎なこの頃です。



橋本翔太です。
先日10回目の栄養療法の血液検査をしてきました。

最初は3ヶ月ごとに、そして体調の回復とともに検査の間隔があいて、今回はおよそ1年と半年ぶり。
もうね、本当に、本当に元気になってきました。お肌とかも、今が一番若々しい。


血液数値はまだまだ良くないものもあるし、
僕はトレーニングをするので体に炎症(筋肉痛)がいつも起きているのもあり、
検査の総合評価は最低のD。


それでも、一番大切なのは、体感です。自分の今の体調が良ければ、それでいいとする。
これは栄養療法を進める上でのポイントです。


そもそも、栄養療法のための検査はすごく厳しく結果が出るので、数値で一喜一憂しないこと。
あくまでも参考と、食事とサプリイメント調整の基準に使うのであって、学校の成績表のようにとらえないことです。
これ、ポイント。

結構、血液検査の結果で落ち込む人が多いのでね。その気持ちはとてもわかりますけれどもね。



****


何しろ、最近、格段に頭も体もとてもクリアになってきてます。
もともとかなり回復してきているんですけど、さらに上のレベルがあったことを知って、そこにたどり着いて、
おお! こんなに調子がいい場所が、さらにあったんだ! という感じ。


そうしたら、
日々のことに追われてずっと手付かずだったことや、確認しなくちゃいけないことに、
気づけるようになってきたんです。(それまで気づきもしなかった)


例えば、

・保険の見直し(実家や家族の分まで)
・使っている音楽機材やソフトのアップデート
・ショッピングサイトの情報変更(ログインできなくなって気づいた)
・作りかけだった曲の続きを作る
・書き途中だった歌詞のファイルをもう一度チェックする


などなど。


で、作業しているうちに、ある共通点が出てきて、ちょっと、ぞっとしています。


ほとんどが、2010年の秋あたりを境に、足並み揃えて放置されたままになっているんです。
2010年の秋といえば、僕がなんとなく、不調を感じ始めた頃。(今思うとね、当時はそこまで気づいていません)


とはいえ、ここからも、楽譜や本を出版し、セミナーやコンサートもしてましたし、
寝込んでしまう日もありましたが、不調ながらも、 本人としては(渦中にいる人間は)
肝心なことを見落としてしまうほど、 そこまで不調ではないと思っていたんですね。


ところがです。
いざ、こうやって、どんどん回復してみると、当時は、多くのことを見落としたまま、
そこに気づける余裕のない状態だったのです。


つまり、(積み重ねてきた)脳の栄養欠損と食事が原因で、本人は平気のつもりでも、実際のところは、できてなかったのです。


もちろん、その時の必須項目は必死でちゃんとこなしてきましたよ。


でも、今ならば、なんで放置してるの? と思うような、
ちょっと細かいことだけど、やらなきゃいけない大切なことが、スコンと抜け落ちていることに、
心も体もクリアになってきた今、はじめて気づいたんです。



しかも、怖いことに、正直、5年も過ぎてしまった感覚がないんです。
これは回復とともに感じていたことなんですが、

なんでこんなに時間が流れているのか、それにびっくりする、という感じ。

確かに年を重ねると、月日の流れは速く感じますが、その感覚とは違うんです。

書きかけの歌詞の続きを書こうとファイルを開いたら、最後にそのファイルを開いた日が、2010年になっていて、
え? ちょっとまって、、、前に作詞してから、なんでこんなに間があいてるの?


と、愕然とする感じ。 ちょっと、浦島太郎に近いような、そんな感じです。
そのくらい、見事に、今と比べて不調だった5年のところどころが、ゴソっと抜け落ちているんです。

(この原因は、体調不良の自分と、今の自分がある意味別人格ほど違うため、
同じ人間なのに、状態(レベル)が違うので、記憶が繋がらないんです。これはまた別の機会に書きますね)


本人は、いろいろ頑張っているつもりが、サプリメントと食事で脳と心を整える前は、
モヤがかかったみたいに、できているようで、できていなかった、
やっているつもりで、やれていなかった、

そんなことがたくさんあったんですね。


コーダサプリメントも、栄養ボディ療法も、とにかくやっていくと、心だけじゃなく、
あらゆる状態が向上します。体調だけではなく、直感だとか、気づく力だとか、他人が気にならない中心軸だとか、
そういうものが、僕も当時は信じられませんでしたけど、たしかに食事と栄養で身につくんです。

基本は糖質制限。そこにサプリメントの投入。早ければ2〜3ヶ月で変化を感じ、続けていけば、僕のように、
ある日、急に一段と調子が良い場所に辿り着いていることに気づくはずです。


栄養ボディ療法 スターターキット
http://supplement.reiki-de-kirei.com/nutrition/nutrition-01/




最近、書きたいことが山のようにあって追いつかないのですが、メルマガで、

・夢(いい夢を除く)をよく見る人はビタミンB群が足りない証拠
・パリのシャンゼリゼ通りのきらめきの下、死にたいと思ったあの日
・いつもの通り道だからこそ、変えられない難しさ


などを、順を追って書いていきますね。



posted by 橋本翔太 at 19:56 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

睡眠の質とグリシン、GABA、心のアミノ酸

今、睡眠の質をよくするために、アミノ酸のグリシンが人気みたいですね。


ちなみに、市販のグリシン製品は、1日一包で、グリシンが450mg入っていますが、

「心のアミノ酸」の1日分には、グリシンが480mg入っています。


また、市販のグリシン製品は5種類のアミノ酸が含有されていますが、


心のアミノ酸は、心の回復に特化した、13種類が含まれています。(必須アミノ酸は全て含有)



なお、GABAが睡眠やリラックスに必要とされており、このグリシン制品にも含まれており、心のアミノ酸にははいっていませんが、GABAを体内で作るためのアミノ酸が含まれています。


GABAは直接摂取しても効果はほとんどないと、栄養療法ドクターの勉強会で橋本は学んでまして、

グルタミン酸とビタミンB6からGABAができるので、それらをしっかりとって、体内で生成できるようにしてあげることが大切。


よって、睡眠の質をあげたいのであれば、グリシンやGABA単体ではなく、全ての神経伝達の材料になるアミノ酸と、ビタミンB群を、寝る前に、そして1日を通して摂取してもらうことがポイントです。


とくに睡眠に問題を感じる方は、寝る前に、「心のアミノ酸」、もしくは無糖ヨーグルトやホットミルク、プロテインなどのタンパク質食と、コーダサプリのビタミンB群を2から3粒、いつもの食後のサプリメントとは別に摂取してみてください。




posted by 橋本翔太 at 15:47 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

低糖質デザートの進化 低血糖症

これ、低糖質デザートの中でもかなり美味しい!よくある、低糖質だからこの味でも仕方ない感じ、がなし!数年前は、高いお菓子専門店でしか扱いがなかった低糖質デザートも、ここまで降りてきましたねぇ。感動。

低血糖症の人間にとって、ありがたいことです。

どうにも、甘いものが食べたい時ってありますからね。

もちろん、血糖値があがらないから、食べ終わったあとの満足感、は普通のデザートよりは少ないのだけれど、

それでも、心は満たされます。



6893C9C8-3E82-407A-952D-3B423567A286.jpg
posted by 橋本翔太 at 16:44 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

糖質制限を斜めから見てくるイヤミな人は結構います


糖質制限食をしていたり、
サプリメント摂取をしてると、

それを斜めに見てくる人がたくさんいます。

もう、正直うんざりなんですが、
うんざりも超えて、今はどうでもよくなってきています。

が、それでもたまにカチンときますね。

特に初対面とか親しくない人に、
それ、まちがっているよ、みたいなスタンスとられるとね。


そんなの散々勉強して、この身体でいろいろためして、
それでここにたどり着いたんだよ、


と本当は相手にいいたい。
ってか、僕の本買って読んで欲しいです!


ご飯やパンを残したり、
食べられないことを伝えると、

僕が身体を鍛えてるので、それと関係していると思うのか、


【へえ〜ストイックですねぇ】

と、嫌みっぽくいってくる人、

【糖質もとらないと、ダメらしいよ】

とアドバイスくれる人。


善意からもしれないけれど、
スルーしてもいいじゃん、こっちは、それでも、これをする理由があるんだから。


日本人に関わらず、
とあるイギリス人にも、

ビールもだめで、甘いものもだめで、ポテトもだめなんて、(no beer no potate no sweats)
人生つまんねーな、

と面と面むかって、嫌みを言われた事もあります。(初対面なのに)


え、あんた、ビールと、ポテトしか、
楽しみないの?

簡単でいいねぇ(What a sweat man you are!)

っていいましたけどね、さすがに。




***
サプリメントも、手のひらいっぱいの大量の量を飲むのですが、

それも健康オタクだとか、
サプリメントはよくないだとか、
そんなの意味ないだとか、

とにかく、僕がサプリメントを飲む様子を見て、

うわ〜〜〜 という反応が多くあって、
もうほんと、ほうっておけよ、って思います。


食事の場って、隠せないし、ね。
全然知らない人、親しくない人と囲むテーブルもあるわけでね。


最近は、多少の糖質なら問題ないのでいいのですが、
はじめた頃は、きつかったなぁ。


サプリメントも、こそこそ、最初は飲んでたんですが、
なんでこんなに周囲に気をつかわなければならないのか、

あほらしくなって、
堂々と飲んでますけどね。


親しくない人に低血糖症の話をするつもりもないし、
したところで、わかってもらえないし。


血糖値がさがるってことは、飴とかたべなきゃなんじゃないの?

っていう、返答がまずかえってきて、そこから、いやいやそれをすると、
一時しのぎにはなっても、その後さらに血糖値が落ちて、、、

みたいな話をしたところで、あんまり理解してもらえないです。



そもそも、そういう、そんなのやめろ、みたいな意見をしてくる人って、
ぜったいにわかろうとしないんですよ。

結局、自分の意見を曲げないというか。



なのて最近は、
アレルギーなんです

とか言うんですが、そうすると、

えー!  お米のアレルギーなんですか?かわいそう!みたいな話になって、(しかもどうも嬉しそうなのはなぜ、、、)



もうほんと、僕の本買って読んで、といいたい。






日本は、ちょっと違う食事をしていると、
なんだか、そんな意識の使い方が異常だみたいに、

つっこみをいれてくるというか、

健康に意識を向けて食事制限しているのが、
なんだか、かっこわるい、みたいな、変な風潮があると感じるのは
僕だけでしょうか。


低血糖症の人間にとって、
糖質制限やサプリメントの活用は、

健康維持とかのレベルじゃなくて、
生活の維持、生命の維持、

っていう、もっと一大事なレベルの話なんです。

理解しろとはいわないけれど、
もっと世間に広まったらいいなと思います。


おなじ思い、してる人いるんだろうな、たくさん。
がんばりましょ。一緒にね。



★ビタミンDは、なかなか濃度が上がらない上に、他のサプリメントのように大量摂取ができず、
一日4粒が推奨量のため、今からはじめて、秋冬に備えてください。

1袋2999円になるキャンペーン
http://www.shotablog.com/article/424726844.html










posted by 橋本翔太 at 15:54 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

うどんでダウン、、and 富士山を、閉める 吉田の火祭り

8月26日、富士吉田で、登山口を閉めるお祭りでもある、吉田の火祭りを初めて見てきたのですが、そのお祭りの素晴らしさを語る前に事件発生。。。!

富士吉田は、吉田のうどん、といって、うどんが有名です。もともと麺類大好きな僕は、

低血糖症のための治療やサプリメント摂取、食事療法がんばってきたのだし、少しくらい、、、

ということで、うどん、いただきました。

かつおだしが聞いていて、硬めの歯ごたえがいい!
馬肉のトッピングも最高!
ほんと美味しかった!!

5879699F-0B18-40A9-BFB6-078CDB5EA101.jpg

それでも、普通盛りにして、麺は少し残しました。


しかし、うどんにやられました。。。

このあと、久しぶりの倦怠感、眠気、だるさに襲われます。やっぱり僕は糖質を無条件に取るとだめなんですね。

きっと、僕以外にもたくさんいるんだろうな、、気づいてないだけで。僕は昔も、糖質を取った後はこうだったんでしょうけど、

糖質制限をはじめて、良い状態がどんなものなのか、わかったので、

糖質をがっつりとると、倦怠感やだるさに襲われる感覚が、その頃はわかってなかったんでしょうね。比較のしようがなかったので。


これがメンタル状態の悪化にまでつながっているなんて、当時は考えもしなかったわけです。。。



とはいえ、もう食事療法とサプリメントをはじめてだいぶたつので、
毎回、こうなってしまうわけではないんですよ。

ラーメン一杯を普通に食べても全然問題ないこともあります。ホテルのデザートビュッフェでスイーツをお腹いっぱい食べることもできるようになりました。(ただし、普段の食事とサプリメントでの身体作り、食べる前の適切な準備と、食べた後の運動は必須です)


今回は、空腹だったにも関わらず、油断して、目の前のうどんをいきなり食べてしまったこと、移動で疲れていたこと、などが重なったのが原因だと思われます。


あわてて、アミノ酸とプロテインを飲み、歩いて糖質を燃焼させました。

最近は、こうなっても、以前のように低血糖により
メンタルがガクン落ちることはないですし、回復も早かったのが救い。

今回も1時間くらいで復活しました。食事療法やサプリメントをはじめる前は、これをきっかけに1週間以上の不調に襲われたりしていました。そう思うと本当に元気になりました。


とはいえ、油断はできないなぁ、とほほ、とおもったわけです。こればかりは自分の体質、特徴みたいなものなので、

せめて、うどんの前に、鞄にしのばせたアミノ酸を前もって飲んでおくべきでした。最近問題がなかったので、完全に油断してました。

低血糖症の人が糖質をどうしても食べたい時は、

●普段から食事とサプリメントで体質改善を行う。
●事前にアミノ酸などをとって空腹をさける。
●食べたらすぐに動く(歩いたり、運動する)
●ビタミンB群を摂取する(糖質の代謝を促します)


の4点に注意してください。

適切な対処ができないまま繰り返されると、血糖の乱れにより、うつやパニック、無気力などの
メンタルの問題へとつながります。

みなさんも、ご注意を!
低血糖症におけるメンタルの問題はこちらのサイトをご覧ください。
http://supplement.reiki-de-kirei.com/



■さて、では吉田の火祭りご紹介!

夜八時に参道に向かうと、松明が燃える燃える!
21E579E8-75B7-42DE-81A6-D6F2441C21AC.jpg


1km以上の参道が、ず〜〜〜〜とこの状態。
火の粉がまい、いつ火事になってもおかしくないくらいの迫力です。
実際、横をとおるときは、ちょっと怖くなるくない熱く、火の力を間近に感じました。
02D26E36-98C1-46EE-A79C-4EF983729670.jpg



浅間神社は、暗がりの参道に赤々と燃え上がる松明に彩られ、本当に幻想的。
次元をトリップしたような不思議な感覚に。
僕が生まれる前の100年も、死んだ後の100年も、ずっと変わらないんだろうな。
C9D7FE4F-7275-4293-8219-243317A08A90.jpg


コミュニティセンターでは、明日かつがれる赤富士の御神輿
A5FA848F-CAA7-4380-867E-72E7EE37C040.jpg


奉納の舞、感動しました。
03B8037A-EF3C-41AF-ADD3-406A5BBF0690.jpg


動画はこちらへ
https://instagram.com/p/63sQ2lrf71/?taken-by=shota_hashimoto


富士山信仰、という目的、大きなテーマがある夏祭りに参加するのってはじめてかもしれない。人の祈り、エネルギー、歴史、いろんなものが交差した神秘的な夜でした。
C77C4C20-5A66-455D-AA52-2CE1FBAC36B1.png

posted by 橋本翔太 at 14:29 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

ビタミンD不足で、くる病再来 メンタルも左右するVDの効果

VD 5,790円⇒2999円! 秋冬の準備を!



●ビタミンD不足で、くる病再来 秋冬のメンタルも左右するVDの効果


yahooニュースでも取り上げられていましたが、いま、子供のくる病が、
ここにきて増えています。(戦後ほぼ消えたといわれていました)


くる病とは、簡単に言うと、ビタミンD不足による、骨の発育不良です。
ビタミンDは、カルシウムを取りみ、骨の発達と強度に必須です。
背骨が曲がってしまったりするので、ほうっておくと発育に深刻な影響を与えます。


日本小児内分泌学会は2013年、
くる病を正確に診断するための小児科医向けの手引をつくりました。

つまりこの数年、ここにきて、ビタミンD不足が深刻になっています。


子供はくる病などのような、はっきりした表に出てくる症状がでますが、
大人のビタミンD不足は、

・免疫低下により風邪などをひきやすくなる
・体調を崩しやすくなる
・秋冬のメンタルの落ち込み、うつっぽい感じ
・花粉症やアレルギー症状

などによって、現れます。

そして、子供よりもさらに、大人のビタミンD不足が目立ってきているのです。





■理由は、日光浴をしなくなったから。
ビタミンDは、日の光を浴びれば体内で自動生成されますが、


その条件は、半そで半ズボンで、太陽の位置が一番高い時間帯に
15〜20分を週3回程度、が目安です。



この条件を満たす現代人は、大人も子供も、ほぼ皆無です。

皮膚がんやシミのもとになる日焼けをさけること、
日焼止めを塗ることはもはや常識ですよね。

残念ながら、
日焼止めを塗った状態では、日光浴をしても、ビタミンDは生成されません。



■かといって、今は2015年、紫外線をじかにあびる勇気のいる人は少ないはず。
まして子供の弱い肌ではなおさら危険です。


この近年の猛暑の中では、
20分、太陽に照り付けられて日光浴、なんてのんきなことを言っている間に
熱中症になってしまいます。(実際先日、群馬県の友人(男性)が、プールで日焼けをして熱中症で入院しました)


ビタミンDを身体でつくる一番のチャンスの夏がこれですから、
他の季節につくられるわけがありません。



食品からとればいいといいますが、ビタミンD含有食品代表の干しシイタケなどは、
工場の乾燥ではなく、天日干しのものでないと、ビタミンDは含まれません。


食べ物からも難しいんです。



■そこで、サプリメントなんです。
日焼けの害と天秤にかけてまで、ビタミンDを体内で作る必要などなく、
サプリメントで摂取すればいいんです。

実際、小児のくる病の治療も、ビタミンD強化の粉ミルクなどで行われます。




■もう、夜は秋の気配がしてきましたね。これからやってくる秋や冬に、
メンタルの落ち込みを改善し、かつ気温の変化で風邪などをひきづらい身体、免疫を高めるために、
ぜひビタミンDを今から摂取して準備してください。

実際、インフルエンザも、ビタミンDを摂取した小児グループと、しないグループでは、
幼稚園でインフルエンザにかかってしまった率がかなり違うという臨床実験が報告されています。


ただし、
ビタミンDは、免疫をあげてくれますが、
サプリメントを飲み始めたら、すぐに上昇するわけではないんです。

少し時間がかかります。

準備をするのなら、夏の終わりの今からはじめてもらうことがとても大切です。
花粉症やインフルエンザの対策まで考えるのなら、効果をしっかり出すためには、
今はじめるのがギリギリです。


■冬場の落ち込みもビタミンDを摂取するだけで改善されることがわかってきました。


ただこちらも、ビタミンD濃度が上昇していくには時間がかかるため、
早めの準備が必要です。



今回、夏の終わりのビタミンDキャンペーンとして、

●このブログをお読みの方は、以前、初回限定ですでにお買い上げいただいた方も、再度、初回限定で購入いただけます。
●5790円⇒4380円 がさらに、 ⇒3749円になります。
●さらに、5袋以上で1袋プレゼント、8袋で2袋プレゼントします。1袋あたり2999円になる計算です。


1袋で一ヶ月もつ、大容量です。
10ヶ月つづけていただくと、確かな体感を得られます。
秋口の今から、気温がおちつく5月末まで、ちょうど10ヶ月です。

この機会にぜひ試してみて下さい。


★なお、すでにビタミンDの定期購入をされている方は、9月の引き落とし分より、1袋 4590円⇒3749円 にてご提供します。特に変更手続きなど必要ありません。


なぜこんな大幅なキャンペーンをしているかといういと、
ビタミンDは特に最近の栄養療法では必ず血液検査をして濃度を調べる、
初期でも重視される栄養素になったにもかかわらず、

摂取している人がまだまだ少ないからです。
どうしても、地味なビタミンだと思われているんですね。


あなたの心と身体の不調は、ビタミンD不足によるものかもしれません。
この機会にお試しいただきたいと思っています。


注文はこちら
http://shotashop.com/?pid=80173498



posted by 橋本翔太 at 20:22 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

効率的なサプリメントの摂り方

ご質問いただきました。

橋本先生、お久しぶりです!
今回、ヘム鉄のサプリが改良されたそうで、
自分でも現在摂取している量に疑問があったので、この機会にしっかり意識して摂りたいと思います。

質問なのですが、ヘム鉄の1日の摂取量って制限はないのでしょうか?
ビタミンCは多量に摂りすぎると、お腹がゆるくなる等の注意点があったと思うんですけど、
ヘム鉄は特にないのでしょうか?

1日に何十粒と極端な量を摂っても害になることはないですかね。。?
そこまでするつもりはないですが(笑)
では、新サプリ楽しみにしております!


*****


ご質問ありがとうございました。

はい、害はないです。特にお腹がゆるくなることもないです。
便が真っ黒になるくらいですね。

摂取量を増やす、ということは、フェリチンのレベルをあげたいから、だと思うのですが、
ポイントは、できれば分散させて、摂取する、ということです。

3食後に分散させるのはもちろん、
できるなら、間食後、補食後、とこまめに摂取できるのが一番吸収効率がいいです。


つまり、10粒を 一気に飲む、のではなく、
2粒を5回にわけて飲んだほうがいいわけです。


ここ、ポイントです〜




posted by 橋本翔太 at 17:47 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

無脂肪ノンオイルの罠

無脂肪ノンオイルの罠/ヘム鉄早期終了おしらせ



こんな質問をいただきました。

無脂肪乳やノンオイルドレッシングが糖質制限にもいいと思っている人、
特に読んでくださいね。


++++++
講座を受講しているMです。いつもお世話になっております。

1月にフェリチン値を計ったら、138でした。
1月の時はヘム鉄サプリを1日9錠飲んでいたのですが、

6月に計ったら108になっていました。
現在は1日3錠です。



糖質カット等はなんとか
やっているつもりですが、家族がたまにカレーやお好み焼き、
たこ焼き、麺類等を作るので付き合いでしぶしぶ食べています。


ビタミンBのコーダサプリも一日6錠飲んでいます。

夜食のヨーグルトは基本無糖ですが、
無脂肪ヨーグルトですので糖質が少し高いです。


あと間食にゼロカロリーゼリーを食べていますが、糖質が10.9位あります。
ゼロカロリーですしエリスリトールを使用しているので
安心して食べていたのですが、よくないのでしょうか。


エリスリトールは血糖値を左右しない とネットで見たのですが。


以上の食生活を改めたほうが良いのでしょうか。
特にゼロカロリーゼリーの件は以前から気になっていたので、お願いします。



++++++++(橋本回答)++++++++

橋本です。早速お答えします。


■夏場は汗をかくので、鉄分をはじめとしたミネラル類は、どんどん流れます。
僕自身、長年、ハードな運動(ウエイトトレーニング)をしていたので、
汗をたくさんかいており、それがフェリチンを下げる原因になりました。


特に
女性は生理もあるので、月ごとに鉄分が失われ、
油断すると、フェリチンが下がります。


引き続き、フェリチン数値を維持できるように
サプリメントの量を、夏の間は戻してみてください。


それにしても、しっかり取り組んでいただいたおかげで138まであがっていたとは、
すばらしいですね! おめでとうございます。

体調もよくなっているようで嬉しい限りです。



ご家族と食事をされる場合で悩んでらっしゃるようなので、

食べる前に、ご自身だけ、

・サラダ
・無糖ヨーグルト
・プロテイン


などを先に食べて、

ワンクッションはさんでから、
ご家族と食事をとるようにしてください。

空腹で糖質を摂るのが一番、血糖とメンタルのアップダウン、
問題がおこりやすくなります。


なお、ヨーグルトですが、おっしゃるとおり、
無脂肪だと、糖質が高くなります。牛乳もそうです。

なので、糖質制限という視点から考えると、
通常の無調整のヨーグルト、牛乳をおすすめします。

夜(寝る前でも)無糖のヨーグルト自体は問題ありません。
ビタミンBの摂取も、とてもいい感じです。



ゼロカロリーゼリーですが、おっしゃるとおり、
エリスリトールは血糖値に影響がでづらい甘味料ですので、
安心してください。


ただし、問題が無いからと、1日にゼロカロリーゼリーなどを8個以上も食べていた方が
いたという報告を研究会できいたことがありますが、
さすがにこれはやりすぎですので、

カロリーゼロで、血糖値に影響が出にくいとはいえ、
食べすぎにはご注意ください。

++++++++++++


Mさん、ご質問ありがとうございました。


みなさん盲点だと思うのですが、
糖質制限をしている方は、

無脂肪乳
無脂肪ヨーグルト


は、ダメですよ。
無脂肪で味気なくなっている分を、糖質でおぎなっているという、カラクリがあります。

低糖質なのは、普通の、標準の牛乳や無糖ヨーグルトなんです。

僕もこれは知りませんで、高校生の頃から、よかれと思って、
無脂肪乳や低脂肪乳を飲んでいましたが、


栄養療法をはじめてからは、
通常の成分無調整のものを飲むようになりました。


ドレッシングもなんですよ。

ノンオイルドレッシングは、油をカットした分、糖類で
コクを出しているため、糖質制限の人が、ノンオイルドレッシングはダメです。


ノンオイル、無脂肪なのに美味しいのには、
やはり理由があったんですね。


普通のやつを選んでください。






●ヘム鉄キャンペーン早期終了おしらせ

ヘム鉄のキャンペーン、とても好評で、
すぐにお届けできる在庫がわずかのため、がんばったのですが、

あさって、26日をもって、早期終了とさせてください。
変更をお詫び申し上げます。


夏場はミネラルを失いやすい季節です。特にこの猛暑です。
外にちょっといるだけで、汗からどんどん鉄(亜鉛も)が流れていきます。
失うのは塩分やカリウムだけではないんです。

コーダサプリメントのヘム鉄は、鉄分の摂取とバランスをとるために、
そのほかのミネラルも含まれています。

Mさんは、1日に9粒飲んで、138までフェリチンを上げました。
僕は当時12粒飲んで、80ng/mlを越えました。


一時的にしっかり摂取して、一度80ng/mlを越えることを体感いただく
チャンスです。2袋プレゼントは、あさってまで。

ものすごく飲みやすくなったと好評です!
http://www.shotablog.com/article/422184528.html


posted by 橋本翔太 at 17:22 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

小麦のアレルギーで心がおかしくなってしまう事実に気づいたKさん

小麦のアレルギーで心がおかしくなってしまう事実に気づいたKさん


先日のメルマガ、タイトルにバカヤロウ!なんて書いたものですから、おどろかせてしまってごめんなさい。
でも、本当に多くの反響をいただきまして、僕がびっくりしました。どれも応援メッセージで、励まされました、感謝でいっぱいです。

その中で、大きな発見をされた方のメールをご紹介させてください。

結論から言うと、Kさんは、栄養ボディ療法をはじめていただいたことで、
自分が小麦アレルギーだったことを発見し、心の不調の原因をつかんだんです。

これは、取り組まれた方だからこそ、の気づきだと思います。


******

橋本翔太様

毎度お世話になっております。

糖質制限に関しては、いつか感謝をお伝えしたいなあと思っていたら
このメルマガの展開です。早速感想書いちゃいます。(^^)


私は糖質OFFを意識し始めてから、
自分の不調の『本当の原因』に辿り着けました。
だから『感謝』なのです。

『糖質制限で真の原因に気づいた私』 です。(^^)

少し詳しく書きます。
私はコーダサプリメントのヘム鉄ジェントルとビタミンB群で徐々に調子がよくなりましたが、
分子栄養学の教えの通り糖質についても意識するようになりました。

意識する…というのは、我が家はお米党なので、主食に関しては
特に気にはしませんでした。

老母が「炊き立てのご飯が一番おいしー!!」と言いますので・・・。
(だからといって無制限に食べることはありませんが。)

なので、糖質制限したとは言わず、意識した、という表現を使うことにします。


といっても元々外食の機会は少ないですし、
おやつがナッツに代ったくらいの変化でした。

けれどこの 『おやつのナッツ』 がだいぶ体質を変えたようです。(←サプリも確実に効いてます)
或いは体の反応により気づけるようになったといえるのかもしれません。


とにかくあるものを食べると気持ちが悪くなる…。ということに気づきます。
そのあるものとは「小麦」でした。

いつの頃からか、市販のパンを食べるとその後ずっと気持ちが悪くなる…。ことに気づきまして、
さすが精白したものは身体にワルイ! と単純に思っていました。


けれども「全粒粉」も食べるとひどい頭痛が起きます。
でも「頭痛」は他の時でも時々起ますから、その時はまさか
食べ物とは結びつけていなかったのです。

パンも基本的に食べないので、たまにどこかで仕方なく食べて
気持ちが悪くなっても、「その時」 調子が悪かったのかな? と
なかなか結び付かなかったのです。


なので、それに気づくまで、つまり時々起こる「あれおかしいな?!」
の原因を突き止めるまで1年近くかかってしまいました。




それが忘れもしないこの5月、ついこの間ですけど、
バイキング形式の昼食を食べた時、

ベジレストランだったものでつい嬉しくて、
普段食べないベジスイーツを沢山食べてしまった後、

帰りの電車の中から頭痛が始まり、なんとその後2日間も寝込んでしまったのです!
健康を考えるベジレストランです。当然全粒粉を使ったスイーツだったのでしょう。


この時はなぜかわからないけどピン!とくるものがあったので、
早速グルテンアレルギーのことを調べ始めました。ネットや本で。


するとどうでしょう。私は確かにグルテンアレルギーに違いないのですが、
それよりも何よりも、


今までの私の不調、特に身体的な不調は、軽いセリアック病だとほぼ断定できるでは
ありませんか!!

十中八九どころか十二分でしょう!
またこの時には既に翔太さんの栄養学で血糖とインスリンの関係を学んでいたので、
それについても
分かりが早かったです。


翔太さんは栄養学の勉強を、アメリカやオーストラリアで学ばれているのでしょう?
だったら頭の中では 糖質≒グルテン ではないですか?

(↑もちろん、小麦が主食の海外では大きなテーマになってます。あと乳製品もです。橋本筆)



とにかく私は5月から、今までよりも厳格にグルテン除去を始めました。
あの時の頭痛がもしアナフィラキシーショックだったら…と思うとゾッとするのです。


ここまでたどり着けたのもサプリや分子栄養学を知ったからで、それらを教えてくれ
る橋本翔太さんに出会ったからです。 だから本当に感謝しているのです。



また、「自分が不勉強だから相手をあざ笑い否定する。」 というのも、
なんでこんなにタイミングが合うの? というぐらい私も今痛感していることです。


世の中、知ってる人と知らない人とでは、意識の温度差が激しいよなぁ、、、、とよく思います。
オーガニックを謳っていても、その食材の本当の姿までは知らない人が多いです。


そして、「私は知っている」と思い込んでいる人の見下し癖というのも、
これも治らないなあ、と痛感します。みんながみんな、自分が優位に立ちたいのですよね。

なんかこれ、私には 血糖値の上下 とリンクしていると思えてしまうのです。
上るか下がるか、上か下か、見上げるか見下げるか(誉めるかけなすか)、なんですよ。

何かを勘違いした時の高揚感がまるで小麦製品を食べたときの高揚感に似ているん
じゃないかなあ、と、、、、、。

そしてそれが下がった時の機嫌の悪さが他人を見下すことにつながるのではないかな
あ、と、、、、、思うわけです。


私も 根本原因の治療 は始まったばかりで、まだまだこれからです。
でもやっと根っこを捕まえたようでどこか嬉しく思っています。
がんばりますよ〜♪

長々と失礼いたしました。



*****
Kさん、ありがとうございました、血糖値のたとえ、なるほどです。
ところで、グルテンのアレルギーですが、

これは、栄養療法のレベル的には次のレベルなので、
こちらではあえてご紹介してこなかったのですが、

はい、Kさんのように、あきらかに、小麦アレルギーが原因で、
心や身体に不調が出ている方が、しかも知らず知らずにそうだったという方が、
実は沢山います。


お子さんがADHDと診断されたものの
(あるいは病名こそつかないものの、落ち着きがないと通知表に書かれていた子が)、

実はそれが給食にでてくる、
普段たべないパンだった、ということがあるんです。

パンをやめることで、その症状が回復し、成績も人並み以上にアップした、
という臨床例はたくさんあります。


糖質制限が必要な人、というのは、要は、小麦や糖質、砂糖に対して、多かれ少なかれ、
アレルギー反応をもっているのだ、と考えてみてもいいと思います。

低血糖症だって、血糖コントロールが上手にできなくなる、糖質アレルギーのようなものですよね。


Kさんは、グルテンという原因をつきとめましたが、
小麦にかかわらず、

みなさんも、糖質制限をつづけていくと、どういうときに調子がいい、とか、
何かを食べたあとに、具合がわるい、落ち込む、など、関連性が見えてきます。


サプリメントで、体質が底上げされるので、マスキングされていた、鈍感になっていた部分が改善されて、
ますます気づきやすくなります。


こうやって、メールをいただけると、
糖質制限や、サプリメントのご紹介をしてきた甲斐を感じるというか、
Kさんの人生のお手伝いができたことが、たまらなく嬉しいです。


僕も同じ問題で苦しんできましたから、なおさらです。
Kさん、今後も応援しております。


心の不調を感じる人は、ぜひ、糖質制限、サプリメント、はじめてみてください。
糖質のアレルギーのせいで、あなたの心が不調なのかもしれないんです。


それが本当かどうか知るためには、Kさんのように、一度そこから離れてみる、
サプリメントで身体の底上げをしていく、
それが必要になります。




他にも、いただいたメールをご紹介しますね。

******
翔太さん

メルマガありがとうございました。
すごくスッキリしました 笑

私はまだ始めたばかりですが、それでも糖質制限やサプリメントを否定されたり、
言葉に出さないにしろ「大丈夫?」という顔をされたことが何度もありました。

きっと多くの方が同じ経験をされているんでしょうね。
今現在、心身が辛くて必死な方、不安を感じながらも頑張ってる仲間がいると思うと、改めて気力がわいてきます。

糖質制限とサプリメントは私にとって、
いろんな意見、価値観があることを受け入れつつ、
自分が信じたことを続ける強さを身に付けるためのチャレンジでもあるんだなと感じています。

また悩んだり苦しくなった時はメールさせていただきますね。
お忙しい中、ありがとうございました。




******

橋本翔太先生
メルマガ拝読しました。

僕自身、橋本先生が発信された情報をもとに、
栄養療法による取り組みを始めたことで、
何十年来の苦しみから解放された一人です。
その効果が絶大であることを身をもって経験しました。

僕の場合はビタミンB群が人一倍必要な体質で、
その不足により、子どもの時から苦しんできたのですが、

たった一粒のサプリメントで、不安や極度の取り越し苦労、
対人関係における気後れなど、苦しみから解き放たれたのは、
劇的な経験でした。

さらに、そうした心の安定と橋本式レイキによる相乗効果で、
飛躍的に人生が好転し続けているのは、
以前からお伝えしてきたとおりです。

僕も脳の栄養欠損によるメンタル崩壊の地獄を、
子どもの時から長年にわたり経験しました。

栄養ボディ療法やサプリメントの啓蒙・普及に、
全力を挙げている橋本先生を尊敬するとともに、
心から応援しています!

今まさに地獄の中で藁にもすがる思いでいる人がいると思います。
一人でも多くの人が、地獄の苦しみから救われますように、
橋本先生のご活躍をいつも祈っています。

感謝と応援の思いを贈ります。
お忙しいなか返信のお気遣いはなさらないでください。


心よりの感謝をこめて




******
みなさん、ありがとうございました。
ちょっと、刺激的な表現をすることが今後もあると思いますが、
どうぞ、おつきあいください。


栄養でも、音楽でも、ピアノレイキでも、ナチュラリングでも、
僕が目指すのは、

心の回復、元気で快活なメンタルです。
心が元気だったら、何でもできます。

心を元気にする方法は、心のアプローチだけではないんです。
食べ物と、身体、サプリメント(栄養素)、


これで心が楽に、元気に、そしてやる気も出てくるなら、
試さないてはないですよね。


元気な心なら、自然にやる気がでてきます。
やる気がでれば自然に行動ができます。
行動はやがて現実を、望む未来を引き寄せます。

そのスタートが、毎日口にするものを、どうするか、ということなんです。
僕も最初は信じられませんでしたけどね。

でもこうやって、みなさんのメールを見て、再確認する毎日です^^


橋本翔太



何から初めていいかわからない方は、栄養ボディ療法のサプリメントセットをどうぞ
http://supplement.reiki-de-kirei.com/nutrition/nutrition-01/





posted by 橋本翔太 at 10:24 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【女性は生理で】フェリチンがなかなか、あがりません【月に一度大量に失います】

Sさんから、こんなメールをいただきました。

***
翔太さん、お久しぶりです。

ヘム鉄フェリチンのサプリメントを飲み始めてから血液検査をしたら、
数値は上がってましたがまだまだ低くてびっくりです。

よく言ってたように、時間がかかるみたいなので地道に頑張りたいと思います。
亜鉛も楽しみにしています。

****

Sさんは、心の問題よりも、
頭痛や肩こりに悩まれていまして、

実はこの原因不明の肩こりや、頭痛も、鉄不足によって起こるものなのですが、
ヘム鉄ジェントル を摂取されて、かなり改善したとのご連絡をいただいておりました。

それでもです、女性はどうしても、生理があるので、
鉄はどんどん失われてしまいます。

鉄のサプリメントを摂取していても、男性はどんどんあがる一方で、
女性はとくに、なかなか、数値があがらないのが現実です。

月に一度、大量に鉄分を失うので、これは仕方ないんです。

なので、根気強くつづけていってください。
すくなくとも、

生理で流れてしまう分くらいは、サプリメントでなんとか補ってあげないと、
どんどん、数値がさがってしまいます。

一緒にがんばりましょう。

なお、原因不明の肩こりと頭痛は、鉄不足が原因の場合があります。その記事は前回の通りです。
posted by 橋本翔太 at 09:21 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原因不明の頭痛、重苦しさも鉄(フェリチン)不足が原因!



なお、僕はメンタル専門で、鉄不足や栄養不足について取り組んでいますが、

原因不明の頭痛や肩こりが、鉄不足でおきてしまう、
このことを書いた本は、脳神神経外科医のくどうちあき先生の本がおすすめです。






くどう先生とは、くしくも、僕が栄養療法をはじめるまえに、
ピアノレイキの効果を調べるために、ゆほびかの特集で、
脳波測定でお世話になったご縁があります。


その後、僕が鉄不足によるメンタル問題にぶつかり、
この本にそのことが書かれていた事を知り、驚愕します。

そのときも確かにその本を読んでいたのですが、まったく入ってこなかったんですね。。。


そんなわけで、昨年は工藤先生のクリニックを訪れて、ご挨拶してきました。
本当に、やさしくて、素敵な先生です。

2

これは当時の、取材時のツーショット。

先生の笑顔は素敵だけど、


僕、全然ちがうな、、若い、細い、、、というよりも、、
顔に覇気がないというか、、、ちょっと元気なさそうですよね? 顔面蒼白というか。


もう、この頃から、不調だったんですよ。
まだ、ぜんぜん気づいてませんでしたけどね。

心の問題は、心のアプローチだけで解決できると信じていた頃です。


book-supplement



くどう先生の本の紹介文より

特効薬で治らない頭痛・頭の重苦しさ
があります。鉄が欠乏していると、脳に
酸素が運ばれず、様々な症状が引き
おこされます。これがかくれ貧血の怖い
ところです。
本書では、遺伝的にも知らないうちに
なっているかくれ貧血の症状を、高濃
度の鉄を含んだサプリメントの補充に
より、軽減していき、また元気が取り
戻せることを紹介しました。



以下のリンクでちょっと立ち読みできます。
http://www.amazon.co.jp/dp/4286054020/ref=rdr_ext_tmb


posted by 橋本翔太 at 09:14 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖質制限と栄養療法のうらづけ

糖質制限と脳の栄養補給で心の問題を解決できること、やる気がでない、落ち込みやすいなどの軽度なものから、うつ、パニック、ひいては統合失調症にも関係していることは何度もご紹介してきましたが、アメリカあたりはこの分野がずっと進んでいて、数年前から売れてる専門書がMark Hymay氏のこの二冊。比較の500円玉のとおり、分厚くて心折れますが、一読の価値が大いにアリです。

966A4964-055B-4923-BC7A-B3A62E24355C.jpg

普段からお話してることが、ちゃんと書いてあるので、信頼できる情報のソースになれば。


#糖質制限 #栄養療法 #supplyment #markhyman
posted by 橋本翔太 at 08:30 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

糖質制限とサプリは最悪と全否定する人のバカヤロウっ

糖質制限とサプリは最悪と全否定する人のバカヤロウっ



神奈川県のNさんから、こんなメールをもらいまして、
急遽メルマガを書いています。


++++++++++++

橋本翔太様

いつもお世話になっております。


糖質制限とサプリメントを飲み始めてから
1ヶ月が経ちました。


前回、お問い合わせしました湿疹とニキビは
おかげ様で少しずつ落ち着いてきました。
そして以前よりも心と体が軽く感じらます。



しかし今日、ショックなことがありました。
信頼している人から糖質制限を全否定されてしまいました。
自分なりに頑張っているので落ち込みました。



ですが、翔太さんのブログを見てまた頑張ろうと思えました。

健康に関して本当にさまざまな情報が飛び交っていて、
どれを信じていいのか分からなくなる時があります。


私が栄養ボディ療法を受けたのは翔太さんの実体験とその熱い思いが伝わってきたから、
そして自分の力を信じてみようという固い決意からです。


こんなに体調がいいのはいつぶりだろうと思うぐらいに調子が良いです。
私には合っている、必要なことなんだと強く感じます。

自分を信じて頑張っていきます!


この先も揺れてしまったり、落ち込むこともあると
思いますが、翔太さんの存在に励ましてもらいながら頑張っていきます。

ありがとうございました。



++++++



Nさん、それはショックでしたね。
しかも、がんばっているときで、まだ糖質制限やサプリメントが本当に効果があるのか
疑問がわく時期ですから、なおさら、心が揺れたと思います。信頼している人ですしね。。。


大丈夫です。ご自身の回復が何よりの証拠。
糖質制限は、アメリカとかオーストラリアではかなり常識になってきていて
出版物もたくさんあります。(その人にも、つべこべ言う前に英語原文で読んで欲しい)


否定する人はまだまだいますが、勉強不足の方がほとんどです。
しかも、こっちの苦しみなんてわかってません。

ちゃんと勉強もしないのに、ききかじりの知識や古い情報から
頭ごなしに糖質制限を否定してくる人はたくさんいます。たくさんいますよ本当に。

しかも、糖質制限をすると死ぬ、とか、
脅すようなことまで言う人もいます。(死にませんから)

食事で心が回復するわけねーだろ、と悪態をつかれたこともあります。
心のコンディション=脳のコンディション=ホルモンバランス=食べ物で変わる

という方程式が見えてないんですね。






つい最近、コレステロールが体に悪い、というのが、ついにくつがえされましたね。
コレステロールが高い人のほうが長生きすることがはっきりわかりました。
(数値ではなく、悪玉と善玉のバランスが大切。)


つい数年前までは、卵は一日2個まで、というのが常識でした。
2個以上たべると、体に悪いと、血相を変えて世間に怒られました。


今はそれが完全に否定されています。
ちなみに僕は、数年前から朝ごはんは卵5個、なんですが、
超調子いいです。(これはまねしなくていいですよ笑)



つまりね、今、常識だと思われていることって、世間に浸透するまでに時間がかかったことで、
世間に浸透するころには、間違った古い情報だった、ということが多々あるんです。


いろんな健康法があります。
空腹がイイ、食べるな、という人もいる。
マクロビがいい、という人もいる。

どれも、人によって効果があるでしょう。
その人が幸せになれるなら、それでいいんです。



でもあなたが、何らかの心身の、特に心の不調を抱えているのなら、
橋本翔太は、糖質制限、肉食、サプリメント摂取をおすすめします。

僕の経験と実践から、声を大にして、
心の問題を感じているのなら、糖質制限とサプリメントは必須です。といいたい。


栄養ボディ療法、やってみてくださいよ。
はやければ3週間程度で元気になりますもの。
(先ほどのNさんだって一ヶ月で、湿疹にきびも落ち着き、心も調子よくなってます)


そうやって、元気になってきた人に、なんで、脅しをかけるような意地悪な人がいるんでしょうね。
自分の常識から外れた人を、下に見て優越感にひたりたいのでしょうか。


(そもそも、人類の長い歴史の中で、生成された米や小麦、砂糖を食べるようになったのは第二次世界大戦後、
たかだか数十年。一方、何万年も前から、狩猟と肉食をしてきた人類。人の身体と歴史も学ぶべきです。
生成された糖質摂取のほうが、不自然なんですよ。

それに、この現代で、糖質制限をしていても、調味料などに添加された糖質はたくさんあり、
完全に摂取をとめることなんて無理。その微量で十分必要な糖質摂取になっています。)





僕も先日、原宿のお気に入りのスモークハウスで、ランチしたんですが、
店員さんに、


僕がサプリメントを飲んでいる様子を見て、


店員「え?それなんですか。 薬ですか?」
僕「いえ、サプリメントです」

店員「ええ〜(すごい怪訝な顔)それ、大丈夫なんですか?」
僕「・・・・・・。」


というやりとりがあり、もうそれから、その店、行きたくなくなりましたよ、ほんと。


そもそも、本当に、何かの病で大量の薬を飲んでいる人かもしれないのだから、
こんなデリカシーのない発言はしてはだめです。(この方はとても健康なんでしょうね。。。)


そして、サプリメントをたくさん飲んでいる=健康オタク=あるいはおかしな人=
サプリメントは身体によくない=サプリメントは飲むべきではない


という、世間、とくに、日本にはびこる、微妙な空気もいやだし、それを表に出すなんて。。。
まあ、今までも何度も突っ込まれたので、気になりませんが、腹は立ちます。





共通しているのは、みんな勉強不足なんです。
大して知りもしないで、学びもしないで、経験もないのに、相手を否定してくる。


サプリメントだって、もともとは、乳児の生存率を高めるための栄養補助食品として
開発がはじまったんですよ。サプリメントは栄養素が圧縮された食品なんです。


誰も、好き好んで、美味しい糖質を制限して、
毎食サプリメントを飲んで、、、そんなこと、やりたい人がどこにいますか。

それが心の回復に役立つから必死でやるわけです。
それも知らずに、ヒドイですよ。


この店員さんには、僕がたどって来た、低血糖症の地獄、脳の栄養欠損によるメンタル崩壊の地獄
なんて知らないわけで、同じことを体験したこともなく、何の知識も無いのに、


知った顔で、大丈夫? ときいてしまう。
自分のもっている、見聞きした常識で人を判断してしまう。


特に、食事やサプリメントに関しては、この店員さんに限らず、
何かとイヤミを言う人が多いのでびっくりします。
なので、Nさんの気持ち、よくわかるよ・・・。

(日本は文化的に食事の制限がないので、他国より、
 自分と違う食事をする人がいるのを受け入れられない傾向にあると思います)




その店員に、僕が

「あなた、そんなことより、そのだらしない太鼓腹をひっこめたら? あとその頭、植毛したほうがいいですよ? そのルックス、大丈夫ですか?」


といわれても、平気だったんでしょうか。
それと同じくらい、してはいけない態度言動を、僕はされたと思っています。


みんな、それなりに、苦しみを抱えて、それでも良くなろうと思って、がんばっているわけです。
その頑張りを、他人からぶち壊されるようなことは、あってはなりません。



今、糖質制限をしているみなさん、自分の回復の兆しを信じてくださいね。
心が回復していくのに、


心のメソッドが半分。でも、もう半分、しかも土台になるのは、栄養素と食事です。
断言します。


まよったら、Nさんのように橋本に連絡ください。
当方のサプリの利用者には誠意をもってサポートします。


栄養ボディ療法を始めたい方でどれがいいか迷う方は、
5つのサプリとテキストセットがおすすめです。
http://supplement.reiki-de-kirei.com/nutrition/nutrition-01/


新しくでた亜鉛も、はじめるか迷っている人がいますが、
以下に心当たりがあるなら、つべこべ言わず、ためしてください!
http://supplement.reiki-de-kirei.com/coda/coda-05/

posted by 橋本翔太 at 19:53 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

心のことやスピリチュアルが好きな人ほど、身体が置いてけぼり


最近どうしても、栄養の話が増えてますが、

それもこれも、かつての僕のように心のことが大好きな方ほど、
栄養と身体、食事の分野で非常に偏っていて、疎くなりがち、という理由からです。

スピリチュアルや潜在意識については詳しいのに、
身体のことが抜け落ちている方が、ほんとに多いんです。

あるいは、気をつかっているのだけど、
マクロビやオーガニック、菜食主義など、偏ったほうへエネルギーを注いでいる
人も多いようです。

心が快調ならよいのですが、なんらかの不調があるのなら、
マクロビなどは決しておすすめできません。




■ここにきて、食事とサプリで心が回復した、という報告を以前よりも
ますますいただくようになりました。

そのくらい、多くの人が、心の問題でなやんでいて、
それを心のメソッドや自分の性格改善で直そうとしてがんばってきて、

それが的違いの努力で、本当は栄養素がたりない、身体の問題だった、
そんな人が、やはりたくさんいるんだと、つくづく感じています。

ずっと自分の生い立ちや自分の落ち込みやすい性格や、
弱い自分を責めてきたけど、


栄養だったのかよ。。。
脳機能の問題だったのか。。。


と、安堵と、なんだか悔しい気持ちと、もっと早く気づきたかった、という気持ち、
でも今きづけてよかった、という気持ち、


そんな気持ちが入り乱れる複雑な感情を抱く方も多いようです。
すごくわかります。。。

そして身体がしっかりしてきてからだと、
今までのスピリチュアルや心理的な話も、距離を上手に保ちながら、
ずっと上手に実践できるようになるんです。

自然と地に足がつくんですね。
だからこそ、行動が自然と伴うようになり、
結果的に夢が叶う、などの願望実現にもつながっていきます。


実際僕も、心の回復だけはなく、演奏能力があがりましたらかね。
何もしてないのにピアノも歌もうまくなってました。
集中力や、洞察力、声帯の状態が向上したからだと思います。


やはり、身体半分、心半分、それが合致して、やる気、安定、前向きさ、などが
出てくるのだと思います。

心のアプローチは大切です。
でも心だけのアプローチだけでは、半円しかうまらないんですね。



栄養ボディ療法
http://supplement.reiki-de-kirei.com/



posted by 橋本翔太 at 17:22 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低血糖症がよくなりました。抜け毛も減り、人前でもしゃべれるように


感想をいただきました。

****

低血糖症がよくなりました。抜け毛も減り、人前でもしゃべれるように

岐阜県・大垣市 30代女性 M.Oさん 





橋本様こんにちは^ ^
橋本さんのサプリをオススメして頂き、
身体がよくなってきています。


私は中学の生理が始まった時くらいから低血糖症状が出始め、
30歳を過ぎて低血糖と言う症状を知りました。

とにかく夕方になると毎日の様に異常な空腹で、手が震え、冷や汗との戦いでした。


現在は、ガチガチな糖質制限ではなく、食べる順番を気をつけそして、
糖質をなるべくひかえ、たんぱく質をしっかりとっています。



そして橋本さんのコーダサプリのヘム鉄ジェントルフェリチン対策とビタミンB群をしっかりとっています。


サプリを飲んでいると主人が私が明らかに元気になって行っているのがわかり、
主人も食べる順番を気をつけるようになり、そして主人もヘム鉄フェリチンとビタミンB群も飲み始めました。



症状が改善する前は、異常な空腹、冷や汗、震え、に悩まされ
産後はもっと酷くなり人と話すことが苦痛になったり、家事もおろそかになり、
子供に冷たくあたるようになったりと…



今思えば橋本さんキセキさんにであっていなければ
低血糖が酷くなっていってたんだろなと思うと怖いです。


最初にヘム鉄ジェントル・フェリチン対策を飲み始めて、
私の場合二週間くらいですぐに効果が出始めました。



産後髪の毛がパサパサチリチリで、毎日抜け毛が酷かったのですが、
サラサラになり抜け毛も無くなりました。


ヘム鉄ジェントルフェリチン対策を飲み始めて数ヶ月後にビタミンB群も飲み始めました^ ^
フェリチンを飲み始めて10か月ビタミンB群はまだ数ヶ月ですが、
心の面もだいぶ元気になってるのがわかりました。





子供がいるのでPTA役員になったりするのですが、
人前でしゃべったりは緊張して人前でしゃべることが怖かったのですが、
今は全然平気になりました^ ^





昨日もじつは役員さん達で飲み会があり一人づつ喋らないといけないことがあったのですが、
緊張せずリラックスしてしゃべっている自分がいました。



これも橋本さんのサプリのおかげだと思っています。
感謝の気持ちでいっぱいです^ ^これからもサプリをしっかりとっていきたいとおもいます





Oさん、感想をありがとうございました。
コーダサプリメントが御役に立ててうれしいです。


低血糖症には、インスリンの働きに問題があるわけですが、
この機能を整えてくれる、ニュートリション亜鉛も、機会がありましたら

ぜひ試してみてください。
http://supplement.reiki-de-kirei.com/coda/coda-05/





性格や心の問題だとおもっていたことが、サプリメントで

解決してしまうのは、本当に驚きですよね。



今後も、ぜひ続けていってください。
年を追うごとに、どんどん元気になっていきますよ。





posted by 橋本翔太 at 16:29 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。