2016年11月18日

女子をこじらせて

雨宮まみさんが亡くなった。「女子をこじらせて」は男の僕にもグサグサくるというか、自分の裏側にひそむ汚くて苦しくて、張り裂けそうな心理描写が的確で。。特に対セックスとその裏に絡む感情には共感しかなかった。


ぜひ読んでください。ご冥福をお祈りしております。

posted by 橋本翔太 at 14:10 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

諦める力 為末大

為末さんの本は昨年よく読んだのですが、

諦める力 

は僕にヒットしました。。受け入れられない人もいると思うけど、ものすごく的を得ている。
ご本人ブログで、どんな人がこの本(為末さんの考え方)がおすすめなのか、わかります。

挑む前と、挑んだ後 http://tamesue.jp/20160208
posted by 橋本翔太 at 12:15 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

まんが哲学入門

これ、面白いです、わかりやすい、はっとさせられる。現象理解に役立つし、この表紙に書いてある質問についても丁寧に解説されています

1B16BF06-B512-4466-8D2C-8D3495EA241F.jpg
posted by 橋本翔太 at 17:01 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

All of Me  Jon Schmidt ジョン・シュミットはピアノガイズのカバーより、オリジナルがいいよ!

友人の投稿で改めて聴いた、Jon Schmidth は カバーで注目されてますけど、(レット・イット・ゴーの、雪の中でのチェロとのコラボ、見たことある人もいるのでは)オリジナルがいいんですよね。

All of Me 、早速ダウンロードして、譜面もゲットして、練習開始!

これね、一見、聴き応えもあるし、難しそうなんだけど、
クラシックよりも、ずっとカンタンですよ。

僕のピアノ曲も、簡単だけど、聴き応えがよい、を目指してます
簡単で聴き応えのいい曲、を、どんどん作っていきたい。

posted by 橋本翔太 at 13:50 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エド・シーラン Thinking Out Loud AHMIR のカバーいいわー

エド・シーランの、Thinking Out Loud 好きなんですが、これよりも、




このカバーいいわー



ジムで耳にして、あわてて、Shazamで検索。見つかると嬉しいもんです。

posted by 橋本翔太 at 13:43 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

ヘルマンヘッセ シッダルータと春の嵐

最近、ヘルマンヘッセの、

シッダルータ
春の嵐

を読みました。
ヘッセはインド系の哲学、仏教など東洋の思想に深い造形が会った事を知り、
どちらかというとそれを知りたくてヘッセを読んだのですが、

ヘッセって、たまに小中学生の読書感想文の推薦書にもなっているけれど、
僕は10代でこれらを読んでも、小難しくてよくわからなかったと思う。


そこそこ生きてきた後なら、そして
そこそこ生きてこないと、わからない、感覚やら感情やらが
見事に描写されていて、言葉を失います。

10代にしてこの深淵まで感じとる子がいたら、
それは失礼ながら、若さ特有の快活さがあまりない、

心の病に若くして長期間、悩まされているかもしれない、というくらい、の
急速な内面への傾倒を、僕なら逆に心配していまうかも。


■西洋圏の人が東洋の思想を取り入れて語るとき面白いのは、そこに
法則やマニュアルをみつけ、思想の支配下において、整然と示そうとしてくれること。

頭で理論的に理解する上で、西洋の手法はとっても役立つわけですが、
その枠に東洋の思想がしっかり当てはまらないまでも、

理解していくことにはとても役立つので、
逆輸入で東洋思想を学ぶのには、ヘッセを読むのはとてもよいのかもしれません。


時代が変わっても、
人の悩みも、もがきも、苦しみも、

それでも人生に光を見いだそうと、人はしてきたこと、
それを打ち砕くような不条理が起こることがあること、

人が生きていく事は、結局かわらないんだ、と、感じること、
自分の悩みだって、人の歴史のそれと何もかわらないんだ、ときづくこと

それが、逆に今生きる辛さに寄り添ってくれるような、そんな気がしました。


特に高橋健二さんが訳している新潮社版のあとがきには、
1931年に、実際に老年のヘッセを訪れてたストーリーがあり、
なんだかすごいリアルです。



人生は、基本、苦しみです。と気づき説いたブッタ
それを小説に組み込んで表現しているヘッセ



目の前の現実ばかりみていると視野が狭くなって、

電車でぶつかられてムカつくとか、
雨ふりで気持ちが晴れないとか、
そんな浅い部分で日々がすぎてしまうので、


底に沈んだ、カルピスをまぜて均一にするような作業が必要で、
それが文学とか小説とかで、できるんだろうな。


くらくらします。



posted by 橋本翔太 at 12:21 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月31日

頑張って生きるのが嫌な人のための本

海猫沢めろんさん。いつかお会いしたなぁ。

心の中に確かにあるのだけど、うまく言えなかった提言や表現がずはり言葉になっていて、小説家さんってやはりすごいと思った素晴らしい良書。アドラー心理学に流行る前から目をつけているところにも親近感を覚えてしまった。

著者の人生と自殺した友人kの人生が交錯したポイントから見えてくる、生き方。

#海猫沢めろん #頑張って生きるのが嫌な人のための本

55697EED-39AD-4FC8-8EF2-8FEC7EB6DD24.jpg
posted by 橋本翔太 at 03:10 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

リーダーのコミュニケーションの教科書

沖本るり子さんの新刊が書店でもこんなすごいことになっています!
なんとビジネス書1位!

この本は、リーダーに関わらず、
コミュニケーションで悩んでいる人いは本当におすすめです。

たとえば、

●言った、言わないでもめたことがある
●相手に「わかってもらえない」と悩んだことがある
●逆に、わかってもらえない、と感じている
●相手を怒らせたり、落ち込ませたりすることがよくある

共感する力が高い人とは、どういう人なのか、
過去質問、未来質問を使い分けることで、相手がこんなにやる気になる。

など、
非常に具体的で、どうしたらいいのか。が、わかりやすく書かれています。

今ならキャンペーン中ですし、
7月2日の本を買ってくれた人に無料セミナーがあります。

僕も参加しますよ^^

今日は、沖本さんと、
リンパマッサージの宮代美恵子さん、三笠書房の金本智恵さんと、
4人で原宿のお店で、るり子さんお疲れ様会をしてきましたよ。

で、ですね、

この本、すごい仕掛けがしてあるんです。表紙に。
僕も、その仕掛けをみて、21世紀を感じました。
文明って進化しているんですね、、、。

びっくりです。

どんな仕掛けか?
それは以下へ!

http://www.conferlist.jp/campaign/

E91E9121-249D-435A-98DF-A2DC62B4726A.jpg
posted by 橋本翔太 at 23:54 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

リーダーは話を1分以内にまとめなさい

沖本るり子さんの、

リーダーは話を1分以内にまとめなさい
読んでいます。

「話を聞く側が、人の話を集中して、聞ける時間は、長くても一分です。一分以内に、何をどう伝えるかが勝負です」。
と冒頭からありますが、本当にその通りですよね。

誰にだって、長くてまとまりのない話にうんざりした経験はあるはずです。
特にリーダーの立場として、

ではどうしたらいいのか、のスキルが、この本では項目ごとにまとめられています。
リーダーにかかわらず、様々な立場の人に当てはまる内容ばかりです。

この本がすごいのは、ビジネス系の本って、結果や効率ばかりで、


相手の心を傷つけないコミュニケーションが抜け落ちてしまっていることがあるのに対し、
相手を傷つけないで、むしろ相手との関係を深めるために、


どう、話をきき、どう伝えるか、というキメの細かい視点が言語化され、まとめられている点です。


仕事の効率をあげるのは、もちろん、
例えば相手を叱っても、結果的に、感謝されるような、そんな、コミュニケーションのポイントを教えてくれます。


日本人の気質を掴んだコミュニケーションスキルともいえるかもしれません。

僕も、あー、、、こういうところまで伝えれば、相手も納得してくれたんだ、と、身に覚えあることばかり、、、。
何度も読み返したい一冊です。

image-20131212004336.png
posted by 橋本翔太 at 00:43 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

森田療法



福島県出身の僕が、震災と自身の体調不良によって心のバランスを崩しているときに、森田療法関連の書物を貪るようによんでいました。


森田先生は、大正時代の、今でいう心理療法家であり、お医者さんであり、ノイローゼや神経質症と当時はよんでいた、精神の問題、疾患について、独自の治療体系を作った人です。


自律神経訓練法が有名ですね。
現代の海外にも、森田療法の施設があるくらいです。


神経質症とは、いまでは、強迫性障害や、不安神経症の方を差し、当時の文献を見る限りは、パニックや躁うつの方も森田療法を受けていたみたいですね。



これらの本を読んだ当時、実際に森田療法を受けたくて、慈恵医大にも行ったのですが、初診で担当医に断られてしまい、かなりショックでした。


原稿を書く上での資料として、再読してみたのですが、


納得できるところが大変多い一方、大正時代、当時は見えていなかった、栄養素や脳機能の問題も、全て心の在り方を原因としているため、


ある意味、非常にマッチョで、武士道を感じる内容とも言えるなぁ、と感じました。


今なら、ビタミンB系と、鉄分とれば、治るかもしれない、
この人、、、と思われる患者さんの話もでてきます。



ですが、当時の森田療法では、とにかく心の在り方を変えることで治療をしていこうとします。


内省する体力がある、
そこそこ元気な人でないと、かなり厳しい療法でもあるわけです。

当時僕が断られた理由も、今やっとわかった気がします。


最近の心理関係の本は、

相手に寄り添い、
大丈夫だよ、

と、励ます傾向が強いものも、沢山でていますが、


そこそこ、元気になってきたら、

森田療法のように、
がつん、と、諭してくれる本も必要なんじゃないかと思います。

写真の四冊は、大正時代の森田正馬先生、書き下ろしの本を、現代人が読みやすく編集したものです。


カウンセラー関係者は、一読されるといいですよ、とても面白いです。


関東大震災で被災した人の話もでてきて、道は馬車が走ってますし、背景に非常に歴史を感じるのですが、


今も昔も、人の悩みとは、かくも、変わらぬものかと、

愕然とし、悲しいような、でも不思議な親近感と、


どんな時代でも、人が生きていくということとは、
どんなことなのか、を、汲み取ることができると思います。




posted by 橋本翔太 at 19:59 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

アウルズエージェンシー

シークレットや、ヒックス夫妻の引き寄せの法則シリーズ、その全てのエージェントをされている、アウルズエージェンシーの橋詰さんとお会いして、先日は事務所にも伺いました。


自分が読み込んで、何度も見た著作を日本に運んでくれた関係者の方に会えて、嬉しかったなぁ。この仕事をしていて嬉しいことのひとつは、、一ファンでありながら、その関係者さんと会えること、そして、直接お礼が言えることです^ ^


無理を、いってサインしてもらいました。このDVDもすごくいいんですよ。


image-20130916235851.png


クライアントさんの疑問にヒックスさんが、答えるわけですが、

なかなか、適切な回答が得ずらい、死、そして自死についても、回答が得られる作品なっています。


資料として、他の作品もたくさんいただき、これから見るのが本当に楽しみです!

image-20130916235903.png

posted by 橋本翔太 at 23:59 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

しあわせな恋がはじまる

嬉しいなぁ。
福島県須賀川市の書店で、
平積みになってるよ、と妹から。

サンマークさん、ありがとうございます^^

image-20130908231615.png

ポップも、書いていただいて、書店さん、
ありがとうございます!

体験談がのってました。
CDを聴いてやさしい気分になりました。(30歳女性)
読んだあと、心が浄化されたようでした(26歳女性)

+++++++++++
まだの方、
こんな本とCDなんですよ。




posted by 橋本翔太 at 23:22 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

姫野先生ともツーショット


image-20130625232257.png


国際ヘルスシンポジウムで、栄養学について、
勉強してきました。

講師のお一人だった、
姫野友美先生ともツーショット


心療内科に行く前に食事を変えなさい
青春出版社

タイトルから気になった人は、
まずは読んで見てはいかがでしょうか。


なお、同じく公演された、
大柳珠美先生とのツーショットは、
フェイスブックにあります〜


posted by 橋本翔太 at 23:25 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

ジョバンニ アレビ


image-20130618090426.png

大好きなピアニスト、ジョバンニ アレビが来日していまして、コンサートにいってきました。

昨日のブログに書いた、
禅僧、桝野さんのサイン会の後に、
表参道ブルーノートへ。


image-20130618090513.png


image-20130618090528.png

席もいい!
ピアノを弾く様子が全部見れて、
意外な演奏法にも、きづいたりして。

アレビとの出逢いは、六年前のイタリア旅行で、ガイドさんの車から流れるCDが素晴らしく、それがアレビだったのでした。


なんというか、日本人では思い浮かばないメロディや進行で、しかもものすごく、美しい!

歴史、文化の背景、あの、乾いた風、
そんな要素まで感じる楽曲たち。

ほんと、好きなんです。


僕も、日本人として、
日本人だからこそ、紡げる音楽が、あるはず。

そんなことを改めて感じたライブでした。


ちょっとお話もできて嬉しかったなー

ピアニストで作曲もするんです、
っと、僕の楽譜集も渡してきました。

同じ仕事だねー、とアレビ。


また世界が広がった一日でした。





posted by 橋本翔太 at 09:16 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

禅僧の枡野 俊明さんと

IMG_9632.jpg
最近、メディアへの出演も大変多い、
禅のお坊さんであり、庭園デザイナーさんでもある、

枡野 俊明さんの、新刊、

禅が教えてくれる美しい時間を作る「所作」の智慧

のサイン会へ。
僕の著作もお渡しして、お話してきました。

隣は、楽譜集やコンサートでもおなじみ、ピアニストのoyakataさんです。
oyakataさんは僕より禅に詳しく、桝野さんの著作も全てそろえて勉強しています。


僕は最近、ずっと「禅」のことについて勉強しているのですが、
難解な本も多く(そりゃそうですよね、奥深さははてがないわけで)

そんな中、桝野さんの本は、

禅とは? どう日常にとりいれるか?
という素朴な疑問から、

禅という思想の様々な表現の仕方、などの深い分野まで


大変わかりやすい内容で、
「禅」について、そして自分の禅に対するあり方、などが見えてきて、
とても勉強になります。




今、禅を音楽で表現していく、という活動、研究をはじめているので、
このまま、禅の世界にさらに触れていきたいと思っています。





posted by 橋本翔太 at 17:07 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

マサコさんのワンセルフカード


image-20130611181651.png

メンタルトレーナーの、
中本雅子さんから、

ワンセルフカードのプレゼントをいただきました。

早速、セミナーなどにいらした方にプレゼントさせていただきますね。


ワンセルフカードはマサコさんのオリジナルカードで、主にセミナーなどで、気づきを深めるために活用できる、30のメッセージが入った、セラピー促進のツールです。


マサコさんとは、長いおつきあいで、
僕が本を出す前から、

大手町のコンサートに足を運んでくださったりと、いつも、気をかけてくだって、本当に感謝しております。

以前エッセイでこ紹介した、ターニングポイントは揺れる、のお話もマサコさんの文章です。

http://reiki-hashimoto.seesaa.net/article/238946440.html





posted by 橋本翔太 at 18:21 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

原宿表参道オススメカフェ The deck coffee and pie


image-20130429154303.png


サロンのそばに最近オープンした、
ウッドデッキが気持ちのいい、
セレクトショップとカフェ
The deck coffee and pie

パイと、
店内焙煎で、ハンドドリップで淹れる
コーヒーが売りのようです。

image-20130429154336.png


この時期、いいですよー
サロンに、いらしたら際には、
立ち寄ってみては


image-20130429154347.png


image-20130429154357.png


image-20130429154406.png


image-20130429154416.png



posted by 橋本翔太 at 15:44 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

Ehsan - Twork It Out

Twork It Out

コード、メロディ、ともにいいです。

ループがベースになっていますが、
僕のピアノ曲につながるんですよ、この構造。


USHERが歌ってるのが一般的ですが、
Ehsanのヴァージョン、好きだなぁ

posted by 橋本翔太 at 19:36 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

外苑おススメカフェ シェア―ドカフェ


image-20130416175050.png

イチョウ並木沿いにある、
外苑前エリアのシェアードテラス

今、友人のカウンセラーと情報交換、
勉強中です。

こちら、モーニングもあります。
この時期のイチョウもすごくいいんですよ。
混んでないし、ゆったりした時間が流れます


ランチもお手軽な価格で、
これからの季節、テラスは最高てす


image-20130416175039.png


image-20130416175105.png



image-20130416175118.png


image-20130416175902.png


posted by 橋本翔太 at 18:17 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千駄ヶ谷のグッドモーニングカフェ 翔太オススメ

千駄ヶ谷って、原宿からも徒歩圏なんですよ

そんな、千駄ヶ谷駅のそばにある、
グッドモーニングカフェ


朝7時からオープンしてます。

僕も多いときは週に二回、
モーニングかランチでつかいます。

スタッフさんにもすっかり覚えてもらい、
スタッフさんとの会話も、楽しみの一つに。


モーニング 680円から
ランチ 900円から

この季節はテラスもおすすめです
http://www.good-morning-cafe.com/



こちらも、表参道サロンの帰りにでも、
よってみてくださいね


posted by 橋本翔太 at 12:54 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする