2016年12月23日

30万円の検査代!/You come first!

臨床心理専攻教育修士/音楽療法家 の橋本翔太です。


******

●You come first!

イギリスから日本にきて、長いこと日本に住んでいる友達がいます。
ご両親がジャマイカからイギリスに渡ったので、2世のイギリス人です。

長いこと友達で、いろんな話をしたり、
時々、英語でわからないことをきいたり、

西洋圏の思想でイマイチわからないことがあると連絡したりと、
何かとコンタクトをとっている友人です。

英語で会話するので、日本にいながら英語力が落ちないようにしてくれる
僕のトレーナーでもあります。


プライベートから仕事のことまで、
いろんな相談にも乗ってもらいます。


そのときに、僕が彼によくいわれてしまうのが、


You come first!

直訳すると、あなたが先にくる。
つまり、自分を第一に考えろ、ということです。

僕もさることながら、僕のサイトやブログ、メルマガ読者さん、そしてクライアントさんは、
自己犠牲の傾向があるんです。


自己犠牲というと大げさに感じるかもしれませんが、つまり自分よりも他人のことを心配し、気をつかってしまう。
自分が疲れていても、家族のために無理してしまう。結果、さらに疲れてしまう。でも頑張ってしまう。


自分が欲しいものは無意識に我慢して、家族や友人、誰かのためなら、与えることができる。
自分は二の次になってしまう。自分を第一に考え行動すると、罪悪感を感じてしまう。


そこには、嫌われたくない、好かれたい、という思いもあり、本気で相手の役に立ちたいという
愛もあり、自分以外の誰かに幸せや喜びを与えることで、生きがいを見出すことができて、
それはとても素敵なことなのですが、行き過ぎると、自分を大切にできなくなってしまう弊害があります。


特に日本人は、自分を第一に考える、という教育をうけません。他人のこと、周囲のことを第一に
考えるように指導されているため、誰もが、多かれ少なかれ、他者を思いやる傾向にあり、
それはとても素晴らしいのですが、いきすぎすと、自分が苦しくなってしまいます。


個人差があるにせよ、あたなは、自分よりも相手を優先しがちな傾向はありませんか?
僕も悪い意味で、自分を後回しにしがちなようで、


そんなとき、
イギリス育ちで、西洋の教育を受けているその友達が、僕によくいうのが、


● You come first! (自分を第一に考えろ、自分を一番重要視しろ)、という言葉なんです。


なので、僕も人間関係で悩んだり、迷ったりしたときは、

I come first. I come first  と唱えます。

自分が第一、自分のことを第一に考えろ、と日本語でいうよりも、
より適切に言葉が響いてくるんですよね。


自分を第一に、というと、わがままな感じがするんですが、
I come first と唱えると、しっくりくる。 自分を優先していいんだ、という感じがよくわかる。


みなさんも、迷ったときは、I come first, を思い出して下さい。
僕もカウンセリングで、彼の言葉を借りて、 You come first! をよくお伝えしています。


*******


●検査代金は30万円でした。


先日、新しく発売した、 心とメンタルの腸内フローラ サプリメントですが、
僕が実際、栄養療法の専門病院で支払った金額の質問がきましたので、おこたえします。

ずばり、30万近くを支払いました…!!!

栄養療法の欠点は、保険がきかないことです。さらに、アメリカの検査機関に空輸で便や血液を送るため、
金額がべらぼうなんです。

そして、先日かいたとおり、30万の検査代をはらっても、診察は15分でおわり、
やるべきことは、結局、腸内フローラのサプリメントを飲み続けること。

僕の腸に問題がなかったわけではなく、それなりに問題が見つかったのですが、
その問題を解決するには、結局、腸内フローラのサプリメントを摂取する、ということだけなんです。

だったら、そんな検査を受ける必要なんてなくて、その代金で、腸内フローラのサプリメントを飲めば
いいんじゃんかよ…… と、正直かなりショックでした。


みなさんには、おなじ道を踏んでほしくありません。
僕を踏み台にして、いち早く元気になってください。


ちなみに院内で処方される腸内フローラのサプリメントは一ヶ月で数万円だとお伝えしました。
それではとても続けられませんよね。

同等かそれ以上の腸内フローラサプリメントで、かつ日本人の腸にフィットしたものを作る、
(長野県の伝統食品から発見された、特許取得済の菌が腸内フローラを活性化します)

それで一年かかったわけです。


26日が年内締切です。ぜひ、試して下さい。

You come first! です。 あなたが少しでも元気になることが、周りを幸せにします。
あなたのことを第一に考えて下さい。

http://supplement.reiki-de-kirei.com/coda/coda-06/


========================

posted by 橋本翔太 at 02:02 | ★ 心を強くする栄養ボディ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

今年1年ついやした、腸内フローラのサプリが完成!

今年1年ついやした、腸内フローラのサプリが完成!





今年僕は何をしていたかって、とにかく、この研究をずっとしていました。
それは、腸内フローラサプリメントの開発です。

しかも、心・メンタルに特化した、腸内フローラのサプリメントです。


みなさんご存知の方も多いと思いますが、栄養療法の世界でも、他の医学の分野でも、
腸内フローラとメンタルの関連、重要性が説かれるようになりました。
そして、その効果は確かなものです。


この一年は、モニターさんや僕自身のフィードバック、血液検査の結果などをもとにして、
専用サプリメントのその制作と研究にひたすらうちこみました。



今、様々な腸内フローラ活性をうたう商品がでていますが、ただ話題にのっかっているだけのものも少なくありません。心の回復につながるものかどうかも怪しいものが多くあります。



僕は自分の見地から、しっかりとメンタルに特化したもの、きちんと栄養療法にのっとった、
しっかりした成分のものを、できるかぎり安価な価格で、しかしドクターズサプリメントと変わらず、
それ以上の効果を上げるための腸内フローラサプリメント開発に、今年はひたすら時間を費やしてきたわけです。



今年の頭に、橋本翔太自身、かなり詳細な腸の検査を、腸内フローラの状態を調べるにあたり、
栄養療法の専門病院で行いました。アメリカの施設に便や血液、様々な情報を送る、かなり高額な検査です。


そこでわかったことは、まず、検査にお金をかける必要はない、ということです。
(腸内フローラではなく、強い食物アレルギーの方の、アレルギー腸検査は別です)


あなたの腸の状態を調べたたほうがいい、という人やドクターもいるかもしれませんが、腸の状態がどうであれ、
ドクターの指導のものと、腸内フローラを整える作業は、腸内フローラに特化したサプリメントを飲む、に帰結します。


検査をしようがしまいが、今、なんらかの心の不調、身体(胃腸)の不調がある人は、栄養療法の検査をするお金を、すぐにサプリメントにまわしてください。実際、橋本も高額な検査を受けた後に、結局、やらなきゃいけないことは、提供された腸内フローラのサプリメントを飲むことだったので、一体この検査はなんだったのだろうと、拍子抜けと言うか、残念な気持ちになりました。

検査代だけで、数十万円、なのに診察と結果説明は15分程度もなかったので……。


検査はいらない、とにかく、腸内フローラのサプリをはじめる。
それがまず、僕がこの1年を通して得た結果のひとつです。


ちなみに、院内で処方されたサプリメントは、今までのヘム鉄やビタミンB群よりもずっと高い、
一ヶ月分で数万円もするサプリメントでした。

これでは、いくら腸内フローラの活性が心とメンタルにいいとしても、続けるにも続けられないだろうと、
商品開発をはじめたわけです。


最初はアメリカや海外のサプリメントを中心に研究をはじめたのですが、どうも、日本人の腸にきいてこない人がいるというか、体感できないことがわかってきました。橋本もその一人です。(もちろん個人差はあります)


それで今度は、日本で開発された腸内フローラ活性に役立つ菌類を研究、模索し、それを長野に見つけました(詳しくは以下のサイトを)


モニターさん(橋本の栄養療法の対面カウンセリングを現在受けている方全員に無料で随時サプリメントを提供しフィードバックを得ています)にも体験してもらい、やっとこの腸内フローラサプリメントが完成しました。



詳しくはサイトに書きました。商品に興味がない方でも、なんで腸内フローラなのか、それを知っていただくために、ぜひ読んでみて下さい。情報をもっと増やしていきたいので、順次、サイトは更新、メルマガでもお伝えしていきます。


とにかく急いで告知したのは、年内からみなさんに試してほしいからです!
今年のテーマは、今年のうちに、みなさんにお届けしたい!ということで、


本日から発売開始です。初回限定価格もあります。ぜひ、まずは以下をご覧ください。


★なお、年内のご注文は、26日をもって締切とさせていただきます。振込受付は27日15時まで分のみうけつけとなります。それ以降は年明けの発送となりますので、ご了承ください。

http://supplement.reiki-de-kirei.com/coda/coda-06/


腸内フローラ.jpg




posted by 橋本翔太 at 14:03 | ★ イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

ノートルダムの鐘

先行公演にご招待いただき観劇してきました。
友人のアメリカ人が音楽のコンダクターを今回つとめているのですが、

とにかく、
素晴らしいの、一言です。

3199A9FB-BD82-4D0E-8989-BF0F3449BA53.jpg
posted by 橋本翔太 at 22:43 | ★ 日常とか海外とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

OLマニュアル掲載

OLマニュアルの12月に橋本翔太、掲載されてます。しっかり10ページ、特集されてます^_^

CA76F29D-FD11-46BD-9020-5C1B29B0D534.jpg


「研修出版 OLマニュアル12月号」(12月号の内容を掲載しています)

http://www.kens-p.co.jp/publics/index/188/

 

「研修出版 OLマニュアル バックナンバー購入サイト」

http://www.kens-p.co.jp/shop/shop.php?mode=product&action=list&schema=product_5&schema_no=







posted by 橋本翔太 at 17:21 | ★ イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

死、が、背中を押してくれる



大人になったんた、もう子供じゃないんだ、と強く実感した瞬間、みなさんはありますか?

僕は、中学時代の親友が車の免許をいち早く取得し、その助手席に乗せてもらったときに、鮮烈にそれを体感しました。

自転車にのって、ヘルメットかぶって、ジャージ登校してた同士が、今、車を横で運転している。その事実に愕然とするというか、大人になってきたんだ、もう子供ではないんだ、とあの日強く感じました。


その次が、友人たちに子どもができたとき。バカやって笑いあってた彼らが、いつの間にか「親」になってる。

当然訪れることなのだけど、
やっぱり、衝撃でした。


そして今年、中学時代の同級生、大学時代の一つ下の後輩、二つ下の友人、の、三人が、ガンで亡くなりました。

三人とも近い友達ではなかったのですが、自分は、何が起きても不思議ではない年齢になってきてるんだと思いました。

いつだって、自分の時のながれの変化にはきづけないけど、周囲を見渡してはじめて現在地を知るというか、はっとするというか。


僕にとって「死」は、いつも背中をおしてくれます。終わりがあるから、終わる前にやらないとって、背中をおしてくれます。いつまでも夏休みが続くなら宿題には手がつきませんが、31日で終わるから、宿題に取り組むわけです。


宿題だけじゃなく、やりたいけど躊躇してること、迷ってること、踏み出したけど踏み出せないこと、そのウジウジした気持ちの背中を、そっと、でも確実に押してくれるのが「死」を思い出すこと。


亡くなった三人のご冥福をお祈りしつつ、じゃあ僕はここからどうしていこうか。何がおきても不思議ではないのだから。

ミュージカルのレントの歌にもありますが、
No day But Today.

日常に埋もれて、
わすれがちだけど。








、、、、、、



東京湾を眺めながら。
英語ではTokyo Bay なんですよね、

だからなんだってかんじですけど、アメリカ人の友人がTokyo Bay って言ってて、あー東京ベイっていわれると、なんか、急にレベルが上がった気がしたのは、日本人の、いや、僕の英語コンプレックスかなぁ
9A6D0B83-14A4-4010-BEFD-9DFFA5DA9D86.jpg

橋本翔太のメルマガ
http://www.reiki-de-kirei.com/ml.html

橋本翔太の本
http://www.reiki-de-kirei.com/profile/book.html

心のためのコーダサプリメント
http://supplement.reiki-de-kirei.com/

橋本翔太のヒーリングピアノシリーズ
http://shotashop.com/?tid=8&mode=f1




posted by 橋本翔太 at 13:10 | ★ 【エッセイ】飛躍へのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

死にたい?ふざけるな、とは言うけれど

「死にたい?ふざけるな!生きたくても明日は生きられない人がいるんだぞ!」とはよく聞くけど、、



たとえ体の病気や事故であれ「明日も生きていたい」と思える健康な心と脳の持ち主と比較して、脳やホルモンの不具合で心が壊れて死にたい気持ちに苦しんでる人に言うのは、ひどい仕打ちなんだよ。



心の問題で苦しむ人が、この、わかってもらえない苦しさも同時に抱えている。



生まれてきたのに、死にたいとか思ってしまう自分はだめだって、そんなの本人が一番わかってるんだから。


そしてそれは自分がダメなんじゃなくて、脳とかホルモンとかの問題がかなりあるんだよ。悪はあなたじゃない



橋本翔太のメルマガ
http://www.reiki-de-kirei.com/ml.html

橋本翔太の本
http://www.reiki-de-kirei.com/profile/book.html

心のためのコーダサプリメント
http://supplement.reiki-de-kirei.com/

橋本翔太のヒーリングピアノシリーズ
http://shotashop.com/?tid=8&mode=f1






posted by 橋本翔太 at 14:12 | ★ 【エッセイ】飛躍へのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子をこじらせて

雨宮まみさんが亡くなった。「女子をこじらせて」は男の僕にもグサグサくるというか、自分の裏側にひそむ汚くて苦しくて、張り裂けそうな心理描写が的確で。。特に対セックスとその裏に絡む感情には共感しかなかった。


ぜひ読んでください。ご冥福をお祈りしております。

posted by 橋本翔太 at 14:10 | ★ 翔太のおススメ・本・映画・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

PPAP Piano Pop Version PikoTaro ピコ太郎 ピアノ弾き語り cover ポップ

もう、頭から離れなくて、作らざるを得なかった・・・でもものすごく楽しかった。ピコ太郎さん、ありがと。


posted by 橋本翔太 at 13:38 | ★ 【動画】で【メンタル】と【音楽】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「弱さ」を克服するのではなく、役立てる、活用する

新宿御苑でゲラのチェック。充実して幸せな時間。(来月号OLマニュアル掲載)

.....

自分はすごく弱い人間です。この歳になっても、脆くて、落ち込みやすくて、ネガティヴで、悲観的で、めんどくさい人間で。誰かにすれば、くだらなく思えることに必要以上に苦しんだりしてきました。

.....

でもだからこそ、苦しい人の気持ち、視点、そして解決策が見える、痛みに寄り添える、今より良くなるための提案ができる。

.....

そこだけは、、、自信がある。

.....

この「弱さ」は克服できるものではないけど、誰かのために活用できるなら、痛みというフィルターを通して、音楽や文章に変えていけるなら、この「弱さ」は役立てられる。だからただ、そうしていきたい、そうしていかなくちゃ。


D4593BA8-16CF-4392-ABF5-C45EB5870D66.jpg
posted by 橋本翔太 at 12:28 | ★ 【エッセイ】飛躍へのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

心の痛みは、誰にも『わかってもらえない』ということが、『わかった』

心がつらいとき、

ましてそれが、ちょっとした落ち込みの程度ではなく、


低血糖症や、
うつ病、
パニック症候群、
その他の精神症状を、伴っている場合、

つまり、脳内の神経伝達物資の乱れによって、心の状態がつらく、くるしく、おかしくなっている場合、


精神論や、カウンセリングで、それを解決するのは、どうしても限界があります。
それを身をもって体感したので、

僕は栄養療法、サプリメントの指導をはじめたわけです。
脳が機能してくれないと、いくら心のアプローチをしても、効果はでません。


心理的なアプローチが効果を発揮するのは、ある程度、脳の状態が回復してからです。

実際、うつ病などの臨床現場でも、認知行動療法を行うのは、軽度のうつか、回復期にあたる
人が対象になります。


****

本当につらいときほど、だれかにわかってほしくて、相談したり、話したり、
自分の苦しみをわかってほしいと思うものです。


でも、


悲しいかな、


この苦しみは、想像を絶する苦しみは、ある意味、生き地獄、という状態は、わかってもらえません。
人は、体験したことしか、結局理解できないのです。

まして、心の苦しみは、骨折でギブスをはめているような、外からみえるものではありません。
見た目は普通なので、その不自由さを想像しづらく、何でそんなに苦しいのか、理解してもらえないんです。


相談しても、叱咤激励されてしまう、そんなことくらいで、落ち込んでどうするの、と言われてしまう、
わたしもがんばっているのよ、みんな辛いけど頑張って生きているのよ、と諭されてしまう。


ちがう、そうじゃない、本当に、この苦しみは、もう、どうにもできないんだ、
自分を自分でコントロールできないんだよ。。。

そんな声は、相手には届きません。だって、経験してないし、わからないんです。


家族や、パートナー、身近な人ほど、理解してほしい、わかってほしい、この苦しみを、わかってほしい。


でも、身近な人ほど、やっぱりわかってもらえないんです。わからないんです。
これは仕方ない。
本当に、残酷な現実ですが、仕方ない。


僕がどんなに切実に、出産の痛みを説明されても、陣痛の想像がつかないのと、ある意味一緒です。


ある程度、似たような状況を体験した人のみ、その苦しみを理解できると思います。
けれども、全く同じ苦しみを経験しているわけではないので、やはり近いところで、わかるだけで、

本当の意味でわかってもらうことはできない。



悲しいけど、

わかってもらえない。 ということを、 僕は わかりました。


だから、僕は、体験者として、少しでも、相手の痛みを『わかる』存在として活動していきたいですし、
解決のために、効果のあるものをどんどん紹介していくつもりです。

だって、今苦しいのは、あなたのせいじゃないんだから、あなたが悪いわけではないのだから。
脳が、ちょっとバランスを崩しているだけなのだから。


それでも、心の隅においておかなければならないのは、


心の痛みは、本当の意味で、誰にも『わかってもらえない』ということを、『わかって』おくこと。



それをわかっているだけで、傷つくことは少なくなります。

そして、わかってもらえなくても、必ず回復できます。
大丈夫だから。良くなる日がくる。楽になれる日がくる。

それを忘れないで。





橋本翔太のメルマガ
http://www.reiki-de-kirei.com/ml.html

橋本翔太の本
http://www.reiki-de-kirei.com/profile/book.html

心のためのコーダサプリメント
http://supplement.reiki-de-kirei.com/

橋本翔太のヒーリングピアノシリーズ
http://shotashop.com/?tid=8&mode=f1
















posted by 橋本翔太 at 15:13 | ★ 【エッセイ】飛躍へのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする